雨が続き、なんとなく疲れや体のだるさを感じやすい季節。

この時期には、お天気同様気分が晴れない日も続き、仕事もプライベートも思い通りに運ばない…という方もいらっしゃると思います。

この不調の原因と考えられるのが、低気圧の影響。

低気圧によって体内に酸素がうまく回らなくなる事で、血液循環が悪化するのが大きな要因です。

他にもエアコンによって体調を崩してしまう方や、過度な水分補給によるむくみが気になるなど、様々な悩みを抱える女性が沢山います。

今回は、そんなじめじめとした季節に少しでも快適に過ごせる秘訣をご紹介します。

 

●低気圧による疲れを吹き飛ばすには…?

 

目で見る事のできない低気圧。

梅雨の時期に体調不良を感じやすいのは、この低気圧が長期に渡り続く事が深く関係していると言われており、頭痛や体のだるさで悩む女性も少なくありません。

このような気圧による体調の変化を感じた時には、血流を促し全身に酸素を行き渡らせるのが一番です。

 

そこで大事になってくるのが、入浴です。

暑くなるとシャワーで済ませてしまいがちですが、ゆっくりと湯船に浸かり、好きな香りの入浴剤を使ったり、音楽を聴いたりして疲れた心と体をリラックスさせる事が重要になります。

 

また、「第二の心臓」ともいわれる脚は、心臓から一番遠く血液が滞りがちな部位ですが、足の裏・ふくらはぎ・太もも…と下から順にマッサージするだけでも、全身に酸素が行き渡り翌朝の体調が大きく違ってきます。

入浴後にストレッチを取り入れるのもお勧めですので、梅雨の時期にひどい頭痛やだるさ・肩こりなどを感じる方は、ぜひ一度実践してみてください。

 

 

●エアコンによる”冷え”対策

 

エアコンを強めにかけた職場で我慢している女性、沢山いらっしゃいます。

そんな中でオフィスワークを続けていたら、身体の芯から冷えますよね。

 そんな冷え性対策にいいと言われるのが”ショウガ”。

古くから漢方としても取り入れられているショウガは、ジンゲロールやショウガオールなどの成分によって、体を温め発汗を促すため風邪の時にも良いとされています。

また、ショウガオールは便秘の解消にも役立つとされており、女性にとって嬉しいことだらけの食べ物と言えます。

その為、生姜焼きやジンジャーティーなど、普段の食事や間食時にショウガを使ったレシピを1つ加えるだけで大きな体質改善に繋がるのです。

 

そしてもうひとつ、冷え性対策としてお勧めなのが酵素サプリメントです。

現在、美容やダイエットにいいと多くの女性から支持されるサプリメントのひとつですが、なぜこれも冷え性にいいと言われるのでしょうか?

 

その理由は、消化酵素と代謝酵素のバランスにあります。

そもそも酵素とは体内で作られるタンパク質の一種の事で、食べ物を消化したり筋肉を動かしたりと様々な場面で活躍し、人間の生命活動に大きく関与するものです。

 

体内で作られる酵素量がぐっと減少する40代は、特にこの酵素バランスが崩れがちと言われています。

例えば食べ物の消化に沢山の酵素が使われてしまうと、代謝の為に必要な酵素が不足してしまい、体内の循環機能を低下させ冷え性にも繋がってしまいます。

 

また、酵素の働きを補助する”補酵素”の存在も忘れてはなりません。

補酵素とは簡単に言うとビタミンやミネラルの事で、酵素と同時に摂るのが望まれますが、熱に強いものや弱いもの、油や水に溶けやすいものなど種類によって調理方法を工夫する必要があります。

 

酵素も同様に40℃以上の熱に弱いという特性を持ち、加熱調理によって壊れてしまいがちで、日頃の食生活では十分な量が取り込めていない事も多くなっています。

 

こういった不足しがちな酵素や補酵素を必要量摂取する為には、野菜を一日約350g、果物約200gも食べる必要がありますが、これほどの生鮮食品を毎日摂るのは調理の手間やコストから考えても、現実的に難しいのが現状です。

 

そこでお勧めなのが、この二つの成分をバランス良く摂取できる酵素サプリメント。

コストで見ると高く感じられるかもしれませんが、毎日の野菜や果物の摂取量から考えるとサプリメントの方が断然安く、しかも手軽に取り入れる事ができます。

また、不足した酵素を補う事で代謝を促し、毎日の生活を更にはつらつと送る事が可能となるのです。

 

この時期は、エアコンによる冷え対策にカーディガンを常に持ち歩く方も多いと思いますが、このように体質改善を行う事により快適に過ごせますので、簡単な物から取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

●むくみ解消にはハーブティーがお勧め!

 

座りっぱなし、立ちっぱなしの仕事が多い女性の悩みのひとつが「むくみ」。

暑くなってくると水分を多めに取ってしまうため、体内の循環リズムが狂い、ひどいむくみを発生させてしまう事があります。

 

そういったときにお勧めなのが、温かいハーブティー。

ハーブティーといっても沢山種類がありますが、中でもローズヒップやハイビスカスは利尿を促すと言われており、むくんでしまった体に溜まっている水分を排出するのにも大変良いとされています。

 

また、ハーブには種類によって様々な個性がありますので、リラックスしたい・集中したいなど気分に合わせて変更してみるのもお勧めです。

自宅で園芸をされている方は、フレッシュハーブを使ってオリジナルブレンドを作り、自分にぴったりのハーブを見つけてみてはいかがでしょうか?

 

 

身体の不調が出やすいお年頃の私たち。

無理をせず、毎日のちょっとの工夫で、むし暑い季節に負けない身体作りを目指しましょう。