これまで仕事に遊びにがんばってきたアラフォー・40代女性は、そろそろ身体の不調が現れやすくなるお年頃。

「なんだかよくわからないけど、なんとなく調子が悪い」なんていう、不定愁訴の症状が出てきたりします。

ひょっとしたらそれらの原因は、これまでに染みついてしまった“姿勢の悪いクセ”が原因かもしれません。

今回ご登場いただくのは、姿勢からのアプローチで身体の不調を整えてくれる姿勢美師の永山 満里子さんです。

 

-永山さんが姿勢に着目したのは、何がきっかけだったのでしょうか?

 

「自分自身の辛い経験が元になっています。

私は短大を出てから幼稚園や信用金庫に勤めたのですが、ずっとひどい肩こりと首こりに悩まされていました。

マッサージにも頻繁に通っていましたが、強めに揉んでもらっても、その時は良くても根本的には良くなりませんでした。

26歳の時に結婚して仕事を辞め、これで肩こりから解放されるかと思ったのですが状態は全く変わらずでした。

そんな時にある方から、「マッサージを止めたら肩こりはなくなるよ、あなたの肩こりは姿勢だから」と信じられないようなことを言われたんですね。
でも実際にマッサージを止めたら本当に肩こりがなくなったんです。
長い間悩まされていた肩こりがなぜ無くなったのか、それが姿勢とどう関係があるのかに興味が湧き、カイロプラクティックの学校などに通いながら学びました」

 

-永山さんがオーナーをされている『ぐっぽFactory』では、どのようなサービスを提供されているのでしょうか?

 

「動きながら正しい姿勢に整えていくことを目的とした、自分でできる姿勢調整である姿勢ビクスや、身体の歪みの癖をウォーキングの中でリセットするリセットウォーキングといった内容をレッスン形式でお伝えしています。またマンツーマンでも姿勢調整のサポートもしています」

 

ga_20160730_4

 

-カイロプラクティックや整体とは違うわけですね?

 

「カイロプラクティックや整体の考え方を応用していますが、特定の症状に対して直接的に働きかけるだけでなく、“人間としての綺麗な姿勢”づくりを通して、健康な身体で過ごすためのサポートをしています」

 

-人間として綺麗な姿勢というのは、どのような姿勢でしょうか?

 

「一般的に皆さんがイメージする“良い姿勢”というのは、キレイな見た目の姿勢という意味だと思いますが、人間としての綺麗な姿勢はこれらとは異なります。事実、美しいウォーキングをされるモデルさんたちの中には、腰痛に悩む方も大勢いらっしゃいます。

人間としての綺麗な姿勢というのは、背骨のS字カーブが歪みなく保たれている自然な状態。これが一番、楽で美しいとされています。クセになってしまっている身体の歪みを矯正してそれをキープすることで、肩こり・猫背・O脚・X脚・腰痛などの症状の軽減や改善が期待されます」

 

-姿勢が整うことで、その他にもメリットはありますか?

 

「身体にとっての良い姿勢が保たれることで、全身の血行が良くなります。血行が良くなれば内臓の働きもよくなってきます。結果、健康な身体に変わっていきます。冷え性も改善されますね。実際私もかなりの冷え性でしたが、改善されました」

 

-例えば、デスクワークなどで長い時間座っている場合の良い姿勢というのはどのような形でしょうか?

 

「身体の後ろ側は背骨が支えてくれますが、前には骨がないので、力を抜くと前かがみのような形になってしまうことが多いです。ですので第5〜第7肋軟骨と剣状突起から恥骨に通っている腹直筋を意識して、これをきちんと立てて身体を支えるようにすると、腰への負担が軽くなり、腰痛や肩こりにつながりにくくなります。姿勢を良くしようと思うと皆さん胸を開くことばかりイメージするのですが、そこばかり意識すると反り腰になってかえって負担が大きくなります」(写真参照)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

-最後に、アラフォー・40代女性へのアドバイスをいただけますか?

 

「身体のために今だから出来ることをしてほしいですね。こちらに来ている皆さんを見ていると、40代の身体ならできることが、50代になるとできなかったりします。私としては皆さんに、“重力にいかに逆らうか”をテーマに、筋力低下を防ぐような運動習慣を、今のうちからつけていってほしいです」

 

永山 満里子さん

ga_20160730_nagayama

ぐっぽFactoryオーナー 姿勢美師

17年間、カイロプラクティックなどの手技療法で、背骨を中心にケアを続けていくうちに『セルフケア』の大切さ、健康を守るための『知識』の大切さに辿り着く。
同時に、姿勢を深く知れば知るほど、地面に接地している『足から骨盤までの下半身』が重要な鍵ではないかと着目し現在に至る。

姿勢の専門家として、テレビ番組にも出演
企業や様々な団体での講演やセミナー・イベントでの指導などを行う。

【メディア出演・掲載等】
・テレビ 日本テレビ『ZIP!』 【内股女子急増のわけ?!】
・ラジオ FM世田谷『午前1時のシンデレラ』【姿勢美人について】
・CS放送 ダイアモンド☆ユカイの『MOND Times』日本人はなぜ姿勢が悪い?!出演
・ラジオNIKKEI『健康ネットワーク』 4週にわたって 【姿勢と健康】
・web『クローバー&』
・web『ファイテンスペシャルインタビュー』
・webコラム『時短美人』、パーリィーテラス
・雑誌 美st/BODY+、GINA

 

●ホームページ

ぐっぽFactory