みなさま、こんにちは。

日本ダイエット健康協会認定ダイエットインストラクターの原浩美です。

前回に引き続きダイエットに携わる立場から、大人の女性向け「部分痩せ」のノウハウをお伝えしていきたいと思います。

 

第2回目のテーマは「肩・二の腕」です。

季節的にも薄着・半袖が多くなり、「肩・二の腕」ラインが気になりますね。

大丈夫です。夏本番までにはまだ時間があります。

いくつかの方法をお伝えしますので、「部分痩せ」にトライしてみましょう。

 

 

視覚効果で二の腕を細く見せる

 

ga_diet_20170430_1

 

最初は何とか今、ここを乗り切りたいという人向けの動きから。

例えば立ち方を変えただけで、全身が細く見えるということ、ありますよね。

それと同じ原理を応用します。

 

足は揃えて真っ直ぐ立って下さい。

両腕を伸びをするように、空に向かって上げていきます。

この時、手の平は前に向けてください。

肘を支点に後ろに曲げていきましょう。手のひらは上に向けたままキープにするのがポイントです。

胸まで伸びたよえうに感じたら腕を上に戻します。

ゆっくり、自分の腕の重さを感じながら3回行ってください。

今まで使っていなかった筋肉が刺激され肘が伸び、視覚的に二の腕が細くなります。

 

 

「首が短くなったような気がする」対処法

 

20170318_1

 

さて次は、「最近、肩が丸くなったような、首が短くなったような気がする」という方。

それは、お肉が付いたからだけではないかもしれません。

 

筋肉は使わないと固くなってしまいます。

首と胸、首と肩、胸と腕をつないでいる筋肉が知らず知らずのうちに凝って縮んだようになってしまっている可能性があるのです。

こんな場合の簡単な対処法、お伝えします。

 

左肩の真ん中に右手を乗せてしっかり押すようにします。

(詳しく説明するとショルダーバックのベルトがかかる場所。骨の部分ではありません。どちらかというと背中側に近い筋肉の部分です。)

次に、右手は左肩を押したまま、右の耳を右の肩に付けるイメージでゆっくりと倒していきます。

今度は逆に左耳を左肩に向けて倒します。ゆっくりです。

3回が1セットです。反対側も行います。(右肩の真ん中に左手を乗せるという感じです)

 

充分筋肉が伸びるのを感じながら押している手以外は脱力を心がけてください。

倒した時に頭の重さを感じられたら上手くできています。

これは2~3分で出来てしまします。簡単ですね。

 

 

首から肩のラインをスッキリ見せるテクニック

 

20170318_2

 

次は見かけ上、首を長くするストレッチです。首から肩にかけてが細くなったように見えますよ。

 

左腕をだらりと下げてください。

腕の付け根(腕と胸の間)胸の筋肉の脇側の際に沿うようにしながら、トップバストまでのラインを右手の人差し指から薬指の3本で体の中心へじんわりと押していきます。

一箇所を10数えるくらいで終わり、指をずらして押していく動きを繰り返します。

 

ここは、凝っていなければ痛くなく、凝っていればいるほど痛い部分です。

小胸筋という筋肉を緩めることで肩が下がり、首が細く長くなって見えるのです。

 

肩が前に出てしまって、胸が張れないということはありませんか?

こうなると腕も太く見えるし、実際、頭が大きく見えます。

これはなんとかしたいですよね。

 

血流に影響したり、丸まった姿勢は気持ちにもあまりいい影響は与えませんので、やっぱり姿勢は大切なんです。

背中からのアプローチは難しいので、簡単に出来る方法をお伝えしますね。

 

鎖骨の骨の下2~3センチの肉の部分を体の中心に向かってジンワリゆっくり押してください。

押されている鎖骨側の腕は下げるのがいいでしょう。

真ん中側から肩の方に向けて指をずらしていってくださいね。

胸が広がるのを感じていただけると思います。姿勢もよくなりますよ。

 

 

筋力をつけて、二の腕を細く

 

20170318_3

 

さて、ここからが実際、気になる部分を動かしていく方法になります。

二の腕へのアプローチです。

まずは筋肉をつけることで、どのように部分やせの期待ができるのかをまとめます。

 

① 筋肉を使うことで周辺部分の血行が上がり、温度が上がるので脂肪組織が分解されやすくなる。

② 周辺部分に脂肪が付きにくくなる。

③ 周辺部分の組織がリフトアップされる(筋肉が活性化する)

 

長期的に見ていくと代謝が上がり、リフトアップ効果によって美観的に補完されるのです。

 

では、具体的なやり方です。

こちらの方法は、時間をかけてしっかりと作り上げるイメージをしてください。

 

先ず、足を肩幅に開いて腕を真上に上げます。

手のひらは向き合うようにします。くっつけなくてもいいですよ。

手は太鼓のバチを握った感じに指を軽く曲げます。

 

肘は耳に軽くつくようにしてください。

肘を支点に、どちらかの腕を後ろに曲げましょう。

 

そこから、腕を伸ばしきったところに太鼓があるのをイメージして片腕ずつ交互に叩いていく動きをゆっくりと繰り返していきます。

後ろに曲げる時に反動を付けるのは止めましょう。腕の重さを感じながら行ってくださいね。

最初は片側10回ずつで1セットです。自分の腕の重さで筋トレをしています。

 

次第に物足りなくなってきたら、1日に30回まで増やしてみてください。

それでも足りなくなる方は、水の入った500mlのペットボトルを両手に持って行ってください。10回から始めます。

 

よくいただく質問に、「力こぶが付きませんか?」というのがありますが、大丈夫ですよ。

女性は男性に比べ、ホルモンの関係などで筋肉は簡単にはつきません。力こぶほどの筋肉をつけるには相当の負荷で、ある程度の期間を必要とします。

ですから力こぶの事は心配しないでください。

もし、力こぶが目立つようになってきました。という方がいらしたら腕がきちんと上がっていない可能性があります。

腕が後ろではなく横に開いているという可能性もあります。どうぞ鏡の前で確認してみてください。

 

最後は血行が良くなり、動かしたことで発生した老廃物をリンパに流し込んですっきりとさせましょう。

これは普段から単独で行ってくださっても結構です。お風呂に入った時などがいいタイミングですね。

 

左手を前に出します。

この時手のひらは上です。腕は曲げて、楽にしてくださいね。

この状態で二の腕の地面側のプルプル部分を肘から脇へとこするようにゆっくりさすっていきます。

右の手のひらを使って強めに撫でおろします。

腕についている脂肪を全部、脇のリンパに流し込むイメージでゆっくりと行ってくださいね。

 

今回は簡単に見た目で変化させる方法から継続的に作り上げる方法、老廃物を流して仕上げるところまでをいくつかお伝えしました。

何もしないで細くなったらいいなぁと思わず、出来そうなところから始めませんか?

ここが細いと良いなぁと思うあなたの気持ちは、細くなった時のイメージをしています。

細くなった時の喜びを想像できているのです。

「何とかしたいわ。でも何だか大変そう」という気持ちを、「やれば細くなるんだわ」というマインドに置き換えてみませんか?

一度でも実行すると、ちょっとだけでも結果が近づいてきますよ。

 

※痩身効果には個人差がありますのであらかじめご了承ください。

 

 

原 浩美 さん
日本ダイエット健康協会認定インストラクター ダイエットメンタルセラピスト・ボディセラピスト メンタルセラピストの視点からダイエットに失敗する気持ちを暴き、成功思考に変わるお手伝いをいたします。