■アロマの力で、ココロとカラダを元気にしよう!

~ いつも戦闘態勢の身体を癒してあげよう

 

こんにちは、メンテナンスアロマサロン『マーノカローレ』オーナー兼セラピストの大野 文枝です。

体は内部や外部のさまざまな環境の変化にさらされています。
ですがその環境の変化にかかわらず、生体の状態は一定に保たれています。


例えば、
夏、暑いときは汗をかいて体内の体温を下げ

冬はブルッと身震いをして筋肉を動かして体温を上げ

一年中一定の体温を保とうとしています。


これをホメオスタシスまたは恒常性と言います。

このホメオスタシスの働きのおかげで、私たちはさまざまな場所で生活することが出来ると言えます。

この働きは、神経系、免疫系、内分泌(ホルモン)系の相互作用によって維持されています。

 

神経系の大元は視床下部です。
体からの刺激を神経がキャッチして、その情報を視床下部へ送ります。
視床下部はその情報から何のホルモンが必要かを瞬時に判断して、それを出すように下垂体に命令を送ります。
私たちの体は無意識の中でどのような環境でも生きられるように生命維持活動をしてくれているのです。

そしてホメオスタシスは、私たちの自然治癒力の働きもスムーズにしてくれています。

 

しかし、私たちを取り巻く社会環境はとても劣悪なものになってきています。
パソコンや携帯電話から放出される電磁波。
電気は24時間使い放題で一日中明るい街。
私たちの体は、一日中刺激(ストレス)を受け続けているといってもよい暮らしになっています。
暮らしやすい社会にはなったけど、そこには落とし穴がいっぱいです。

 

刺激(ストレス)を受けた状態でいる体はそれを打ち消すために、

視床下部や下垂体から打ち消すためのホルモンを出しなさいと命令し、働きづめで疲弊していている状態です。

刺激(ストレス)を受けているときは、自律神経の交感神経が優位になっています。
自律神経は、循環、呼吸、消化、発汗・体温調節、内分泌機能、生殖機能、および代謝のような不随意(無意識)な機能を制御する働きをしていて
交感神経、副交感神経の2つの神経からなり、どちらかが優位になっているときはどちらかが劣勢になりお互い拮抗して働いています。

 

刺激(ストレス)を感じると、体は戦闘態勢のモードになります。
体を戦闘態勢モードにするのが副腎皮質ホルモンや副腎髄質ホルモンです。
呼吸は浅くなり、心拍は速くなり、血圧も上がります。
頭はフル回転します。
そのかわり、消化器系は胃液などの消化液の分泌が減り、腸の動きが抑制されてきます。
消化不良や胸やけ、お腹が張るなどはそのためです。

 

刺激(ストレス)を長期間受けていると、

副腎皮質ホルモン以外のホルモンの分泌が抑えられてきてしまい、ホルモンバランスが崩れてくるのです。

ホルモンバランスが乱れることで、
慢性的疲労、だるさ、動悸、めまい、頭痛、過呼吸、不眠、生理不順などがあげられます。
気持ちも落ち込みやすくなって、イライラ、不安、前向きに取り組めなかったりと精神的にも落ち着かなくなってきます。

 

ホルモンバランスを正常にすることは、ホメオスタシスがうまく作用して、自然治癒力の働きもスムーズに働いてくれるということなのです。

そのためには、夜は部屋を少し暗くして過ごしたり、早く寝るなどの生活のリズムを変えたり、

パソコン、携帯電話を就寝前2時間前に終わらせる、など生活を見直すことが大事です。

 

生活を見直して、時間に余裕が生まれたときはアロマセラピーを活用していきましょう。

部屋を少し暗くしたときに、アロマキャンドルを灯すのもいいでしょう。
寝るときに、コットンやティッシュに精油を垂らして枕元においておくと、リラックスして眠りにつきやすくなります。
部屋にアロマディフューザーで香りを焚くとリラックスして副交感神経が刺激されます。

精油の力を借りて、ホルモンバランスを整えていきましょう。

 

ホルモンバランスの調整をしてくれる精油には、
フェンネル・ジンジャー、ニアウリ・クラリセージ・ゼラニウム・ネロリ・ローズオットー・ローズウッドなどがあります。

 

ホルモンバランスの乱れは、さまざまな要因、長い時間されされていた結果、乱れたことになります。
そのためアロマセラピーですぐに改善とはいかないところです。

ですが、毎日、生活に取り入れてみることで少しずつ体や心の変化に気付いてくることでしょう。

 

このコラムの次の回を読む》
《このコラムの前の回を読む

 

大野 文枝 さん anti_oono

メンテナンスアロマサロン『マーノカローレ』オーナー。

両親が定年を迎えてから様々な病気になり、その原因を探るうち、ストレスが病気と密接な関係があることを感じて、解剖生理学やアロマセラピー、リフレクソロジーを学びはじめる。

2009年にメンテナンスアロマサロンをオープン。
アロマセラピーを利用してボディトリートメント、リフレクソロジー、推拿などを用い、クライアントの症状によってカスタマイズしたトリートメントを提供している。
また身体だけではなく心からアプローチをしていくことも必要だと考え、カードセッションやトウリーディングのカウンセリングも行い、元気で笑顔な毎日を送れるサポートをしている。

 

●ホームページ

『マーノカローレ』