■アロマの力で、ココロとカラダを元気にしよう!

~ 塩とアロマで、冷え性とサヨナラしよう

 

こんにちは、メンテナンスアロマサロン『マーノカローレ』オーナー兼セラピストの大野 文枝です。

女性の体の悩みでNo.1に上げられているのが冷え症です。
昨今、冬はもちろん夏でも室内のエアコンの普及と共に冷えを感じている人が多くて、一年中の悩みになっています。

 

では、なぜ冷えがおこるのでしょうか?

そもそも、ヒトは体温を一定に保つ働きを持っています。
前回の「ホルモンバランスの乱れ」でお話した、ホメオスタシスの働きがあるからです。

 

皮膚が寒さをキャッチして、視床下部に体温が下がっていることを伝達します。
視床下部は体温を上げるよう、各器官に指示します。
その指示を受けた各器官が体温を上げるように働いて、体温が一定に保てるというわけです。
この一連の流れは血液の循環によって行われています。

もし、この自然の流れの中に流れを著しく止める障害、滞りが出来たらどうでしょう。
このホメオスタシスの働きが機能しなくなってしまいますね。

 

ヒトが生きていくためには、体のすみずみに栄養と酸素が行き渡らないといけません。
それを運ぶのが血液です。

血液はただ運ぶだけではありません。
運んだ先で入らないもの、老廃物を受け取ってきます。
いる物といらない物を交換している感じです。

だから、血行が悪くなると老廃物の回収がうまくいかなくなり、むくみや肩こりなどの痛み、冷えが生じてきます。

 

そして、視床下部は神経系の大元締め。

ストレスなどで体が刺激を受けていると、視床下部は交感神経を優位に立たせてその刺激に対して体を守る働きをします。
しかし、交感神経が優位のときは血管が収縮する働きを持っているため、冷えに対しては真逆の働きをします。
そのため視床下部が働きすぎになり、その結果、自律神経の乱れがおこります。

 

それからもう一つ起こるのが、筋肉の緊張です。
筋肉の緊張は、意識的におきるものと無意識的におきるものがあります。

無意識におこる筋肉の緊張は、交感神経が働いているときに起こります。
なにかをしなければいけないという緊張状態です。
そういう緊張状態のときは、血管も収縮して血流が悪くなっています。

 

このように体の中は、私たちの無意識のなかで様々な働きによって体の営みを担っているのです。

そして、体が冷えたときには、体の芯の部分に血液が集まります。
内臓が冷えてしまったら、生命の危機になるからです。
その結果、手足が冷えてくるのです。

冷え性の改善には、しっかりとおなかを暖めることが大切なんです。

 

冷え性で一番困るのは、夜寝るときだと思います。

入浴して体が温まったてもすぐに手足が冷たくなって、寝る頃には、布団に入っても手足の冷たさに寝ることが出来ない。

そういう方におすすめなのが、アロマバスソルトやアロマトリートメントです。
お塩のいいところはなんといっても、保温効果が高いことです。
何も入れないお湯に比べて抹消血管の血流がよくなり、発汗パワーがアップして湯冷めしにくくなります。
また、筋肉もほぐして、疲れも取れやすくなるなどいろいろな効果が期待できます。

 

今は、市販のものが売っていて種類も豊富です。
でも、どれも高価ですし、合成着色料や合成香料を使ったものが多いです。
お家にあるお塩でも簡単にアロマバスソルトが作れます。

もし、お塩を買う場合は、ミネラルが入った自然塩がよいです。(家庭用のものでもOK)

そして、リラックス効果のある精油や温め効果のある精油を一緒に湯船にいれて、ゆっくりと汗がじわっと出てくるまで入ってくださいね。
汗と共に、体の中の老廃物もでて、体がすっきり、ぽかぽかになります。

 

○リラックス効果のある精油
ラベンダー・ローズ・プチグレン・イランイラン・オレンジ・サンダルウッド・ゼラニウム・ネロリ・フランキンセンスなど


○温め効果のある精油
ブラックペパー・ジンジャー・スウィートマジョラム・シナモンなど

 

自然塩50gに対して、精油5~8滴が適量です。

直接、湯船に入れてもいいですし、たくさん作ってかわいい小ビンに入れておくのも楽しいですね。

アロマトリートメントは、交感神経を副交感神経に移行してくれて血液循環を促進してくれますし、リラックス効果も抜群です。

この冬は、アロマバスソルトやアロマトリートメントを利用して、冷え性とサヨナラしましょう。

 

このコラムの次の回を読む》
《このコラムの前の回を読む

 

大野 文枝 さん anti_oono

メンテナンスアロマサロン『マーノカローレ』オーナー。

両親が定年を迎えてから様々な病気になり、その原因を探るうち、ストレスが病気と密接な関係があることを感じて、解剖生理学やアロマセラピー、リフレクソロジーを学びはじめる。

2009年にメンテナンスアロマサロンをオープン。
アロマセラピーを利用してボディトリートメント、リフレクソロジー、推拿などを用い、クライアントの症状によってカスタマイズしたトリートメントを提供している。
また身体だけではなく心からアプローチをしていくことも必要だと考え、カードセッションやトウリーディングのカウンセリングも行い、元気で笑顔な毎日を送れるサポートをしている。

 

●ホームページ

『マーノカローレ』