■アロマの力で、ココロとカラダを元気にしよう!

~ 抜け毛のお悩みにもアロマケア

 

こんにちは、メンテナンスアロマサロン『マーノカローレ』オーナー兼セラピストの大野 文枝です。

 

最近、女性も抜け毛で悩む方が増え、女性用カツラなどが出たり、女性用育毛剤の売上も上がっているそうです。

女性で多いのが「びまん性脱毛症」です。
髪が細くなったり、分け目のボリュームが減る、頭髪全体が薄くなるのが特徴です。
これは、加齢によるホルモンバランスの乱れや不規則な生活、ストレスも関与していると考えられています。

 

閉経後におきやすいのが、女性男性型脱毛「FAGA」です。
これは、女性にも微量に分泌されている男性ホルモンが関係しています。
閉経後、ホルモンバランスが変化することで、相対的に男性ホルモンが優位になって抜け毛を引き起こします。

 

しかし最近では閉経前の30代から、このFAGAになるケースも多くなっているそうです。

これらも過度のダイエットや食習慣、ストレスによるホルモンバランスの乱れが原因となります。

忙しい生活の中で、手っ取り早くお腹を満たすことができるということで、パンやおにぎりが多くなり、炭水化物に偏りがちの食生活になります。
そうなると、たんぱく質や野菜が不足。

髪はケラチンというたんぱく質でできていますので、これが不足すると・・・もうおわかりですね?

 

最近は女性の育毛剤も売られていますが、これらは毛髪や頭皮に栄養を与えて健やかな髪にしていくのが目的で、原因となるホルモンバランスの乱れや不規則な生活、ストレスなどを取り除くものではありません。
つまり本当は、原因となるものを改善していくことが根本的な育毛なのではないでしょうか?


アロマセラピーの場合、毛髪や頭皮のお悩みに対してケアをすることとあわせ、ストレスなど気持ちの浮き沈みやホルモンバランスの乱れも調整してくれます。

 

anti_oono_20150730_1昔から頭皮や毛髪によいとされているものが椿オイルです。

椿オイルは、オレイン酸85%含有の優れものです。

このオレイン酸、保湿力が高く蒸発しにくい油のため、乾燥から守り潤いを与えてくれます。

また痛んだキューティクルによる枝毛、切れ毛、パサ付に効果を発揮します。

 

この椿オイルを使って、頭皮マッサージを行い、頭皮の血行をよくして毛髪をすこやかに、なおかつアロマセラピーで心もすこやかにしていくマッサージオイルを作っていきましょう。

使うオイルは、今回はローズマリーです。
ローズマリーは、若返りのハーブとして知られていて、リフレッシュ効果と共に活力を与える精油です。
血行の促進、フケを抑える、育毛を促進するなどの作用があります。
ローズマリーには種類があり、この場合、シネオールというものを使います。
お店でローズマリーシネオールと聞くと教えてくれます。

その他にリラックス効果のあるラベンダーや鎮静作用のあるクラリセージ、気分をリフレッシュするバジル、森林浴を楽しみたいときはシダーウッドなどとブレンドしても楽しいですね。

 

大さじ1くらいの椿オイルに精油を2滴ほど加えて混ぜたものを、シャンプー前に頭皮に揉みこみ指の腹で軽くマッサージしていきます。
そのまま蒸しタオルで10分くらいおいた後に洗い流し、通常のシャンプーをしていきます。

椿オイルと精油を使って、毛髪のケアとストレスなどの心のケアが一緒にできてしまう。
そんな日常に取り入れやすいケアをこれからもしていきたいですね。

アロマを取り入れて、生活を向上して輝く女性でありつづけていきましょう。

 

★今回で本コラムは最終回となります。ご愛読ありがとうございました。

 

《このコラムの前の回を読む

 

大野 文枝 さん anti_oono

メンテナンスアロマサロン『マーノカローレ』オーナー。

両親が定年を迎えてから様々な病気になり、その原因を探るうち、ストレスが病気と密接な関係があることを感じて、解剖生理学やアロマセラピー、リフレクソロジーを学びはじめる。

2009年にメンテナンスアロマサロンをオープン。
アロマセラピーを利用してボディトリートメント、リフレクソロジー、推拿などを用い、クライアントの症状によってカスタマイズしたトリートメントを提供している。
また身体だけではなく心からアプローチをしていくことも必要だと考え、カードセッションやトウリーディングのカウンセリングも行い、元気で笑顔な毎日を送れるサポートをしている。

 

●ホームページ

『マーノカローレ』