~温めて美しく~WEBショップ健康館の健康管理士一般指導員 東海林圭子です。

 

毎年春が近づくと、悩まされるのが花粉症ですね。

目がかゆくなったり、鼻が詰まったりすると、この辛い症状、今すぐ何とかしたい!と思いますよね。

 

ヨーグルトなどの発酵食品を摂るのも効果的ですが、こちらは腸内環境を整えて体質改善をしていくのが目標。

もちろん続けていくのは大事なのですが、即効性はあまり期待できません。

 

今回は私が実際にやってみて、即効性があると感じた解消法についてご紹介します。
花粉症でお悩みの方へ少しでもお役にたてば幸いです。

 

鼻にはペパーミントティー

ga_shyouji_20170315_1
ペパーミントのスーッとした清涼感のある香りが、鼻水鼻づまりの不快感を和らげるとともに、鼻の通りも良くなります。

 

熱湯で入れて成分をしっかり抽出し、香りを鼻と喉で吸い込みながら飲むといいですよ。

私はこのままでも美味しいと思いますが、飲みづらければレモングラスをブレンドするといいでしょう。

 

咳には蓮根パウダー

 

自然食品のお店で手に入りますが、蓮根を粉末にしたものです。

咳を鎮めるのに役立ちます。花粉症だけでなく、風邪を引いた時にもいいですよ。

 

ただ、正直言ってあまり美味しいものではないので、そのままお湯に溶いて飲むよりは、味噌汁に入れたりヨーグルトに混ぜて食べるのがおすすめです。

 

鼻うがいでスッキリ

ga_shyouji_20170315_2
これが一番おすすめかもしれない、鼻うがいです。我が家は家族でやっています。

塩化ナトリウムでできた専用の洗浄液を使うので、鼻が痛くなることはありません。

 

鼻の奥までしっかり洗浄できるので、本当に気分爽快、頭まですっきりします。

「エー」と声を出しながら鼻の中にお湯を通していくので、見た目はあまり美しくないかもしれませんが、そんなことを言っている場合ではありません。

 

これで鼻水も鼻づまりも一気に解消できます。花粉症だけでなく、通年性のアレルギー性鼻炎にもおすすめです。

 

温かいタオルで鼻を覆う

 

詰まった鼻は温めると通るようになります。

お風呂にゆっくり入るのもいいですが、家に帰ってすぐに何とかしたい!と思ったら、お湯にタオルを浸して絞ったもので鼻を覆いましょう。それでずいぶん楽になると思います。

 

保冷剤で目のかゆみを鎮める

 

目がかゆい時には温めるよりも冷やすのがおすすめ。

冷凍庫に小さな保冷剤が余っていませんか。

それをハンカチなどにはさんで目を冷やしてください。かゆみがおさまると思います。

 

時間がある人はカモミールのハーブティーを使ってみて!

濃いめに煮出したハーブティーをハンカチかコットンなどに含ませて軽く絞り、目に当てるんです。

 

カモミールにはかゆみを鎮める作用があるので、目だけでなくて肌がかゆい時にもおすすめです。

 

アロマテラピーで花粉症の症状を緩和

 

アロマテラピーというと、ラベンダーなどフローラル系の甘い香りでリラックスするというイメージがあるかもしれませんが、実は様々な種類の香りがあって、鼻水、鼻づまり、頭痛など花粉症の諸症状を和らげるサポートをしてくれるのです。
ga_shyouji_20170315_3
<花粉症に役立つ精油>
頭痛には:ペパーミント、バジルなど
鼻水、鼻づまり:ユーカリラディアタ、ニアウリ、ローレルなど
咳には:サイプレス
アロマとタオル.jpg
さて、これをどうやって使うかといいますと、

 

1.マスクにたらす
2.ティッシュにたらして嗅ぐ
3.マグカップお湯を張ってたらす
4.マッサージジェルを作って塗る

 

こんな方法で花粉症の諸症状を和らげます。

 

鼻や喉の症状が辛い時は、マスクの下の部分に1~2滴たらします。

そうすると、香りの成分を吸い込むことが出来るので、呼吸器が少し楽になります。

 

家にいる時は③の方法がおすすめです。

お湯に入れた方が香りが広がりやすいので、吸入器のように積極的に香りを吸い込んでみてください。

ずいぶん楽になると思います。

 

私は寝る前にジェルを作って塗るのですが、水溶性ジェル小さじ1に精油を2滴たらしてよく混ぜ、胸や首に塗ります。

 

自分の体温で温められて香りが上がってくるので、寝ている時も少し楽になるのと、精油が皮膚からも吸収されるので、のどの痛みなどを和らげます。

 

今は花粉症じゃなくても安心できない!

 

でも私は花粉症じゃないから大丈夫、と安心していませんか?

いえいえ、花粉症はいくつになってもなる危険性があるアレルギー症状です。

 

私がいつまでも治らない鼻水で病院へ行き、「花粉症でしょう」と言われたのは40代半ばです。

それまでは何ともなくて、自分には関係ないと思っていたのでちょっとショックでした。

 

40代はホルモンバランスが変化し、更年期を迎えることもあって、体質が変わってしまうこともあるのです。

ですから、誰にでも突然花粉症を発症する危険があるんです。

 

まとめ

 

ga_shyouji_20170315_4
私自身が身をもって体験しているので、声を大にして言いたいです。
ストレスを溜めない、規則正しい生活をして自分の身体を守りましょう!

 

アレルギーというのは、免疫システムの異常反応です。

それは、疲れている、ホルモンバランスが乱れているなど、身体からのサインかもしれません。

 

花粉症は1度発症すると、完治するのは難しいのが現状です。

花粉が飛んでいる間、数ヶ月に渡って様々な症状に悩まされてしまいますから、今発症していない人はならないことが大事。

また、なってしまった人も、体質を改善していくことで、症状を和らげていくことは出来ます。

 

身体が元の状態に戻るように、
・しっかり睡眠を取る
・ストレスを上手に解消する
・栄養バランスの良い食事をとる
など、日頃から花粉症対策をしていきましょう。

 

今月をもって私の連載は最後となります。

doppoの皆様と同じ40代のワタシが興味を持ち、新たなチャレンジしたことを計6回綴らせていただきました。
行動に移すことの意味、新たな発見、すべてがチャレンジしてよかった、と思えることばかりでした。

カラダの変化や気持ちが揺らぐ40代だからこそ、一歩前に、チャレンジしていただく手助けができれば嬉しく思います。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

【あわせてチェック】

ワタシのカラダを整えるヒント ~ セルフマッサージのススメ

ワタシのカラダを整えるヒント ~ 40代の女性にこそ受けてほしい人間ドック

ワタシのカラダを整えるヒント ~ アロマテラピーでもっときれいに!

 

東海林 圭子 さん ga_shyouji_shyouji

健康管理士一般指導員
~温めて美しく~WEBショップ健康館を運営
自分自身の冷え性体験から内側から外側から温めることの必要性を感じ、やわらかい湯たんぽに惚れ込みオリジナル「温美 湯たんぽ」の企画開発に携わる。
温美湯たんぽ 開発秘話ページ

冷えからくるカラダのさまざまな不調についての声を数多く聞き、自らあらゆる冷え取り法を実践し、企画にするのが日課。
最近は、「食べるものでカラダは作られている」と食の重要性も感じ、40代女性に必要な栄養素を使ったレシピ企画も立ち上げている。
冷え性改善レシピ

 

ホームページ
健康館