■健康に、美しく。病気を遠ざける食テク!

~ 身体にやさしくできる職場での食テク

 

みなさん、こんにちは。
最終回となる今回のコラムでは、「職場での食テク」についてお話したいと思います。

 

お昼を食べた後の14~15時頃って、小腹が空く時間ですよね。

実は「お腹が空く」というのは、1回目のコラムでお話させて頂いた『血糖』が深く関係しているんです。

 

ご飯を食べて数時間が経つと血糖が下がってきます。

そうすると、脳に「血糖がさがりましたよー」と指令を出して、血糖値を上げるために空腹を感じさせる。

それが空腹のメカニズムです。

 

そんな風にお腹がすいてしまうと、場合によっては集中力も落ちてきてしまいますよね?

そういう時に皆さんはどうされますか?

ついつい手っ取り早く、糖分が入ったチョコレートやクッキー、ポテトチップスなどに手が伸びてしまう・・・

そんな人はちょっと注意してくださいね。

 

チョコレートやクッキーは血糖値を急激に上昇させる効果はあるのですが、案外お腹にはたまらず、ついつい食べ過ぎてしまいます。

一口食べたら食欲に火がついてしまった・・・そんな経験ありませんか?

 

ここで大事なポイントは、ゆるやかに血糖を上げる食べ物をチョイスする事です。

例えば、フルーツや玄米が入ったおにぎりなど・・・とは書きつつも、健康的で、食べ応えがあって、お腹が満足する物って意識的に探さないとなかなかないんですよね。

 

anti_yamanishi_20150710_1私がおススメしている小腹が空いた時のスナックの一つは、寿元さんの『SOY PLUS』という商品です。

国産黒大豆の「発芽」エキス・寒天・おから・ひじき・昆布・白ゴマなどをバランスよくミックスしているので、とってもヘルシーで寒天やおからが優しく空腹感を満たしてくれ、保存料や防腐剤も使用していないので健康的にも美容食にも最適です。

 

さて、次は夜。

仕事終わりに上司や同僚・友人達にお酒のお誘いもあることでしょう。

お昼の小腹と違い、一人の時は食べる物を気を付けて選ぶ事が出来ますが、大勢の人がいる中で自分だけが「血糖値があがるのでビールは飲みません!」「食事に気を付けているから、から揚げ食べません!」とはなかなか言えないですよね?
それに今の時期、ビールはやっぱりおいしいものです。我慢はできませんよね?

 

ですので「お酒を飲まないで下さい」とは言いません。

駆けつけ一杯・・・の前に一工夫して、血糖を抑えるようにしてください。

 

例えば、

①お酒を飲む前にお水やお茶を飲んでおく

②飲む前にサラダなどの葉物や根菜を食べる

などをする事で、急な血糖上昇は抑えられます。

 

今は糖質が低いビール系飲料などもありますので、そういった物を選ぶのもいいですね。

 

そしてお食事やお酒のおつまみのメニューでは、少し視点を変えて料理を選ぶ事も健康美人の裏技ですよ。例えば〝から揚げ”や〝とんかつ″など高カロリーな物をオーダーしがちですが、とんかつの代わりにモモ肉のソテーを注文するなど、同じお肉でも低カロリーに調理されたものを上手に選ぶといいですよ。

近頃はメニューにカロリー表記されているお店も多いので、さりげなくチェックしてみてください。

 

とってもあたり前のことですが、私たちの身体は食べるものでできています。

その食べ物を上手においしく食べるちょっとしたテクニックを身に着けて、ずっと元気で美しい人になってしまいましょう!

 

《このコラムの前の回を読む

 

山西 智香 さん anti_yamanishi

東大病院にてホスピス・特別室勤務経験後、今田美奈子食卓芸術サロンのディプロマ、食空間コーディネーター資格取得。

糖尿病専門外来、婦人科経験もあり。

今までの経験を活かし、『医療・健康・食空間』の3つの視点から今後の在宅医療に向けて、在宅テーブルコーディネートサービス『家・笑・結 ~Ka・wa・yui~』を提供中。

 

facebookページ

家・笑・結 ~Ka・wa・yui~