お店探しのツールとして、た○ログさんや、ぐ○なびさんのお世話になっている人は多いと思います。

店内や料理の写真もあるし、味や料金の口コミもあるし、そこに載っている情報は至れり尽くせり。

確実に便利です。

 

が・・・

今ある多くのグルメサイトって、検索・比較によってお店を決めていく方法が一般的。

「今日は○○な気分だから、○○な感じのお店に行ってみたい」

なんていう、ふんわりしたオーダーでお店選びをすることは、ほぼ不可能です。

 

そんな検索・比較文化(?)に一石を投じるiPhoneアプリが今年3月に登場し、話題になっています。

そのアプリの名前は『ペコッター』

自分好みのお店を、“誰かが”教えてくれるアプリです。

 

今回はこのアプリを開発した、株式会社ブライトテーブル代表取締役 松下 勇作さんにお話を伺いました。

 

-まず最初に、『ペコッター』の特徴や使い方について教えてください。

 

ha_20150510_1「ペコッターは、ユーザー同士でオススメのお店を教えあうことのできるグルメチャットアプリで、無料でご利用いただけます。

 

ペコッターアプリの中で希望のお店の条件をつぶやくと、他のユーザーからオススメのお店の情報が送られてきます。

 

質問したユーザーはもらった回答に対して、お礼のコメントを返したり、チップというアプリ内の仮想通貨をあげたりすることで、お礼の気持ちを伝えることができます。


どのユーザーも、質問者側、回答者側のどちらとしてもアプリを利用できます。

お互いにオススメのお店を教えあう、一種のコミュニティのような感じです」

 

-なぜこういったアプリを開発しようと思われたのでしょう?

 

「これまで自分の希望のお店を探すには、検索サイトやグルメサイトを使って、口コミを読みながら、お店の検索と比較を繰り返していたと思います。

ですが、お店についての情報が充実すればするほど比較する口コミの量も膨大になり、自分の希望のお店にたどりつくことが難しくなってきたと感じていました。

また、多くの方がパソコンよりもスマホを使うようになり、検索・比較作業が非常にやりづらくなったと感じていました。

そこで、あらためてお店探しするときの根本的な希望である「自分の希望にぴったりのお店、1軒を見つけたい」に立ち返り、グルメQ&Aアプリ「ペコッター」を設計・開発するに至りました」

 

-使った方からは、どんな感想が届いていますか?

 

「一番多く頂いている感想が、「こんなにすぐ回答が届くとは思わなかった。」というものです。

現在、5分以内に3件の回答がついていますので、質問をされた方の期待以上のスピードで回答が届いているのだと思います。
さらに、「グルメサイトの検索ではしにくい希望でも質問できる」、「自分の気持ちを汲み取ったお店を教えてもらえるのが嬉しい」という声も多くいただいています。

これまでのグルメ検索サイトとは全く異なるお店探しの仕方を提供できていると感じています。

 

一方、回答者側の感想として、「教えてもらったお店に行ってきましたという、お礼のコメントが入ると嬉しい」という声をいただいており、気軽にお礼の気持ちを伝えられる仕組みが、うまく機能していると感じています」

 

-今後、サービス拡張の予定などはありますか?

 

「現在、質問者から回答者へのお礼として渡されている「チップ」を、獲得した回答者に現実世界の報酬として還元していきたいと考えています。

具体的には、チップの獲得数に応じて、抽選でプレゼントがもらえたり、Amazonのギフト券などへの交換ができたりするなどを検討しています。

つまり、皆さんのグルメ知識を人のために役立てるだけでなく、ちょっとしたお小遣い稼ぎができるようにしていきたいと思っています」

 

ちなみに、すでに閉店しているお店の書き込みや、明らかに自分のお店を過剰に宣伝するような投稿がないよう、内容については、事務局がチェックしているそうです。

 

予算とか立地も大事ですが、「気分に合う」というのもお店選びの大事なポイント。

条件検索ではたどりつけない、自分好みの一店を発見するきっかけになるアプリかもしれません。

 

ペコッター