新入社員の教育、上司とのやりとり、取引先との交渉、GW前の駆け込み発注・・・慌ただしさ最高潮! アクセル踏まれまくり!

で、なんだか疲れてしまった40世代の皆さん、いらっしゃいませんか?

 

たしかに、誰かに必要とされることは嬉しいし、やりがいにもなる。

でも、でも、なんだか息苦しいのよー!

 

・・・なんていう状態になってしまったら、思い切ってそのあわただしさを強制リセットしてしまう、というのも有効な手段です。

 

20170307_1

 

まわりから押し寄せる依頼や情報、トラブルの種をいったんシャットアウトして、自分のペースを取り戻すことは、明日へとつながる実に前向きなさぼり行為。

誰にも咎められるものではありません。

 

人によっていろいろなシャットアウト方法はありますが、オススメなのは“ひとりカフェ”。

 

「ひとりだとお店に入れない」という人も、カフェぐらいならハードルが低いのではないでしょうか?

なぜならカフェには、同じようにひとりの人がいっぱいいるから。

 

20170307_2

 

チェーン店でもホテルのラウンジでも構いませんが、店内の雰囲気やインテリアの趣味、かかっている音楽の種類、そしてもちろん飲み物の味も、自分の好みにピッタリ合うカフェを選ぶのがポイント。

 

そのお店の中でも、照明の当たり具合や外光の入り具合などを見て

「あ、あの席キモチよさそう!」

という席をキープします。

 

その日の気分に合うドリンクをオーダーしたら、席にゆったり。

ついつい本や新聞を開いたり、スマホをいじったりしてしまいそうになりますが、今日はストップ。

基本なんにもしないで、ただ座り、お茶を飲みましょう。

 

いろいろな考え事が渦巻いて来そうになったら、それもストップ。

あえてぼーっとするのです。

このとき、「なんか贅沢」って感じるはずです。

 

ゆったり回るシーリングファンや移り変わる風景をぼんやり眺めてみたり、店内にいる他の人たちの様子をなんとなく見てみたり・・・

オープンカフェなら、吹いてくる風の心地よさを感じたり、空気の匂いに季節の変化を感じたり・・・・

そうやってカフェの空気に気持ちを流されていると、ギュウギュウ詰めになった頭の中も、糸がほどけるように和らいできます。

 

20170307_3

 

カフェに持っていくといいのは、ペンとメモ帳。

ゆるーっとした頭の中でふと浮かんだことや、ふいに思い出したことなどを自由に書き連ねておきましょう。

頭の中にしまってあったことを外に書き出すというのも、ある種のデトックスになって気持ちが楽になってきます。

なんだか気にかかることがあって・・・という時にも、この方法はオススメ。

意識的に頭の中を緩めることで、「そうか、こうすればよかったんだ」なんていうヒントが浮かんできます。

 

考えることやストレス、いろいろな情報や面倒な人間関係。

がんばる40世代ほど自分を解放してあげることが大切です。

ぜひ一度、カフェで強制リセット、おためしあれ。