■ひとり飲みで、自分に戻ろう

~ ひとり飲みを楽しむ酒器講座

 

皆さんこんにちは。酒器屋.comオーナー、酒器ソムリエの深野 ちひろです。

 

酒器(しゅき)は、酒を取り分けたり、供したり、飲むときに用いられる道具です。

日本酒用の酒器には、ガラス製、陶磁器、漆器、金属器などがあります。

注ぐための酒器には、徳利や片口があり、飲むための酒器には盃やお猪口、ぐいのみがあります。

 

料理が器によって彩りを添えられ、より美味しそうに見えるように、日本酒も酒器によって趣きががらりと変わります。繊細な味と香りの日本酒にとって、器の素材や口径、形状の違いは、酒の味や香りに影響を及ぼします。

たとえば表面積の広い盃は香りが広がりやすく、フレッシュな酒を飲むときに効果を発揮します。

飲み口のすぼまったワイングラスのような形状のものは、香りを器の中に閉じ込めるため、香りをしっかり堪能できます。


冷酒なら温度が下がりにくい磁器、燗なら保温性のある陶器、というように飲用温度によって素材を変えるのもよいでしょう。

熟成酒やにごり酒、樽酒などを飲むときに、透明なガラス素材の器を選ぶと、酒の色味も楽しむことができます。

 

酒器の違いによる味わいの違いを知るには、五感を総動員させるとよいです。

人は物の色や形から一定の印象を得ますので、視覚で色々な情報をとっています。

発泡性のあるものは、聴覚の印象もあります。

唇に触れた時の触覚も味わいによっては重要です。そしてメインの臭覚と味覚です。

 

日本酒は香りと味わいをマトリックスにして4タイプに分けることができますが、タイプに器の形を当てはめると、その日本酒の魅力を最大限引き出す形があることに気づきます。

 

●淡麗・華やかタイプ
香りの高い吟醸系の日本酒には、香りを包み込めるように、口が大きく、かつすぼまっている器が合います。

より味と香りを楽しむには、注いだときに香りを逃さない、グラスが深いものを選ぶと良いです。

ワイングラスもオススメです。透明なガラスは、微妙なお酒の色合いがわかります。

 

●濃醇・華やかタイプ
口が広く上に広がったラッパ型の酒器が最適です。

華やかな香りもしっかりした味も堪能できます。

濃醇な酒に負けないよう、カットの入ったグラス、また漆器なども良いでしょう。

 

●濃醇・穏やかタイプ
純米酒、生もと系の最も日本酒らしいタイプには、いわゆる平盃タイプが合います。

特に常温やぬる燗など絶妙な温度を楽しむ場合は、飲みきりサイズの小さな器を選ぶと良いでしょう。

和風テイストを楽しめる陶器がおすすめです。

 

●淡麗・穏やかタイプ
淡麗辛口の日本酒には、飲みきりサイズの小さな酒器がおすすめです。

温度の変わらないうちに飲めるものが良いです。

形はストレート型のものが香りを的確に捉えることが出来ます。絵付けも楽しめる磁器がおすすめです。

 

これとは逆に、日本酒によって器を代えますと、香りを抑えたり味を凝縮させたりできるので、その日本酒を自分好みの味にすることができます。

つまり器を変えると、日本酒を2倍、3倍楽しむことができるのです。

 

酒器はお酒の彩りです。

お気に入りの酒器を手に入れたら、家でお酒をたしなむ楽しみが生まれます。

酒器は時間や空間を演出するアイテムです。

大切な酒器を使うためには、わざわざ座ったり、丁寧にお酒を注いだりといったゆとりが必要です。

そしてまた、手のひらにのせて幸せを運ぶアイテムです。

手に乗せた瞬間から、お酒の楽しみが始まります。

多彩な日本酒と酒器の組み合わせで、ぜひ充実したひとり飲みをお楽しみください。

 

※本コラムは今回が最終回となります。ご愛読ありがとうございました。


《このコラムの前の回を読む

 

深野 ちひろ さん ha_20140820_fukano

酒器屋.comオーナー/酒器ソムリエ


大学卒業後、大手電機メーカーに就職。OL時代はフランス料理とワインの魅力に惹かれ、フランス中を旅行。その反動もあってか次第に日本の良さに目覚め、日本酒の輸出・卸の会社へ。アメリカ・イギリス・アジア各国の日本酒事情の調査や視察を行う。飲食店の企画をした際、小鹿田・有田・唐津・輪島塗の酒器に出会い、感銘を受ける。その後、独立して酒器のネットショップを手がけるとともに、日本酒と日本文化の魅力をネットで発信している。趣味は神社めぐり。日本文学専攻。

ポータルサイト

『【酒器屋】日本酒で乾杯!酒器で彩る日本酒の世界』

『酒器屋.com』ホームページ