■おいしいコーヒーで、おうちカフェ楽しもう

~ おいしいコーヒーを楽しむ4つのコツ(1)

 

みなさん、こんにちは。

コーヒーコンサルティングチーム『CAUSE COFFEE (コーズコーヒー) 』の田口 俊介です。

 

1回目と2回目では、おうちでおいしいコーヒーを淹れるために必要な器具と、具体的な淹れ方のご紹介をさせて頂きました。
3回目と4回目のコラムでは、どんな淹れ方でも共通となる「おいし いコーヒーを淹れるための4つのコツ」をお伝えします。

 

プロのバリスタが日頃意識しているポイントはたくさんあるのですが、その中から、おうちでのコーヒータイムにも活用できる点を厳選しました。

これを守るだけでカフェや喫茶店の味にぐっと近づけますよ。

難しい内容ではないので、この4つのコツを意識してコーヒーを楽しんでみてくださいね。

 

まず、「おいし いコーヒーを淹れるための4つのコツ」を簡単にまとめると、

 

①高品質の豆(素材)を選ぶ
②新鮮なうちに楽しむ
③そして、コーヒー豆は飲む毎に挽く。
④豆とお湯の量をしっかり計り、自分の好みの濃さを見つける

 

ということになります。

具体的にみていきましょう。

 

①高品質の豆(素材)を選ぶ

 

コーヒーの美味しさを決めるのは、なんといっても焙煎されたコーヒー豆の品質です。
料理において素材が大事なのと同じで、コーヒーにおいても、元となるコーヒー豆の品質が高いかどうかということが一番のポイントなんです。

では、高品質なコーヒーはどうやって探せばいいのでしょうか?
ぜひ、「スペシャルティーコーヒー」と呼ばれるものを試してみてください。

 

スペシャルティーコーヒーとは、カッピングと言われるコーヒーの味覚テストで80点以上を獲得した豆に付けられる呼び方で、作った人の名前や農園名、その土地の特徴などがはっきりしていることが特徴です。(誰がどうやって作ったかはっきりと表示されている野菜やお肉のようなイメージですね)
流通するすべてのコーヒーの生産量の中でトップ5%の品質と言われていますが、だからといって高級なわけではなく、味にこだわる多くのコーヒー屋やカフェで使用されています。

ご自宅で飲む場合も、1杯あたり50円程度から楽しむことができますよ。

ぜひお近くのコーヒー専門店へ足を運んで、お店の方へ好みの味を伝えてみてください。

 

全てのワインの風味や香りが違うのと同じく、全く同じ風味のコーヒーはありません。

色々なものを試す中で、新しい風味との出会いや驚きがきっと見つかります。

 

②新鮮なうちに飲む

 

いくらいい素材でも、時間が経って風味が落ちてしまっては台無しですよね。

それと同じで、「コーヒー豆は新鮮なうちに飲みきる」ことを大事にしてください。

コーヒーの風味を楽しむには、焙煎日から2~3週間程度で飲みきるのがコツです。(中には1ヶ月程度風味が保てるものもありますので、あくまで目安です)

購入する際には袋に記載されている焙煎日をチェックし、できるだけ新しいものを購入しましょう。

 

もしいつ焙煎したものかわからなければ、お店のプロの方に聞いてみてください。

多くのコーヒー屋さんでは焙煎したばかりのフレッシュな豆を扱っていますし、中には毎日新鮮なものを焙煎しているお店もたくさんあります。

 

③飲む直前に豆を挽く

 

焙煎されたコーヒー豆は、風味と香りがぎゅっと詰まったカプセル。

豆のままでも十分いい香りですが、そのカプセルを挽いてあげるとよりいっそう芳醇な香りがキッチンやお部屋に広がります。

このためにおうちでコーヒーを楽しみたい!という方もたくさんいらっしゃいますよね。

 

でも、そんな挽きたてのコーヒーが持つ美味しさや香りは、挽いた瞬間からどんどん空気中に逃げて行ってしまうのです。

挽くことで酸化も一気に進んでしまい、せっかくの味わいが落ちてしまいます。
そのため粉の状態で売られているものだと、実は買った時点で味が抜けていることも多いのです。
ですので最大限に美味しさを楽しむために、「コーヒー豆は飲む直前に飲む分だけ挽く」ことをぜひお勧めします。

 

豆のままコーヒーを保存し、挽きだめをせず、飲む直前に飲む分だけ挽くこと。

たったこれだけで香りや風味が全く違うおいしいコーヒーを淹れることができます。

挽いた直後に漂う香りや甘さ、フルーツのような酸味を逃がさずそのまま味わうことができるんです。

そのためには、安いものでいいのでコーヒーミルを手に入れることがおすすめです。
手回しのものでも電動式のものでも十分美味しいです。

 

ミルで毎回挽くのはちょっと手間がかかるかもしれません。

でも、挽いた瞬間に部屋に流れるコーヒーの芳醇な香り。

これを楽しむのもおうちコーヒーにこだわる魅力の一つです。

 

このコラムの次の回を読む》

《このコラムの前の回を読む

 

田口 俊介 さん ha_taguchi_taguchi

国内外でプロのバリスタとして経験を積んだ後、2012年にコーヒーコンサルティングチーム『CAUSE COFFEE (コーズコーヒー) 』を立ち上げる。
現在はカナダ・バンクーバーにてカフェの開業に携わり、マネージャー兼バリスタとして働きながらコーヒーセミナーやバリスタトレーニングを行っている。

一人でも多くの方に、スペシャルティーコーヒーのおいしさと魅力を知っていただけるよう日々奮闘中。

 

ホームページ

CAUSE COFFEE