紫外線が強くなる一方のこの季節。

シミが気になって、お肌の日焼け対策をガッチリする人は多いかと思います。

ですが、実は紫外線は肌だけでなく瞳にも影響を与えます。

紫外線を浴びつつけると瞳も日焼けのようになり

目の乾燥や充血、将来的に白内障などの病気を引き起こす可能性があります。

紫外線ダメージから瞳を守るアイテムと言えば、サングラス。

そこで今回は、年齢と共にますます大事になる瞳をガードして、

なおかつ女っぷりが上がる最強サングラスを選ぶポイント、お伝えします。

 

■大人のサングラス選びは、まず機能のチェックから

 「チェックすべきは、紫外線透過率」

大人のオンナであるならば、ただ単にデザインや色で選ぶのではなく、

きちんと「紫外線透過率」の表示のあるものを選ぶのが基本中の基本。

透過率の値が低いもの(0.1以下など)ほど、紫外線カット機能が高くなります。

瞳の大敵は、太陽光に含まれるUV-Aという紫外線。

UVカットレンズなど、たしかな効果のあるものをチョイスしましょう。

 

 「レンズの色に、惑わされない」

色が濃いものほど、紫外線をカットしてくれる・・・そういった思い込みは捨てましょう。

チェックするのは「紫外線透過率」です。

濃い色のサングラスをかけると物が見えにくくなるため瞳孔が開き、紫外線が余計目に入ってくるという話もあります。

 

「できれば、大きめサイズを」

これは好みが分かれますが、機能重視でいくならば、大きめで、側面が顔にフィットするものを選びましょう。

紫外線は、サングラスと顔の隙間からいろいろな角度で入ってくるからです。

 

 

■女っぷりを上げるサングラス選び

機能はいいけど、形が野暮ったい・・・大人のオンナなら、そんな選択はしたくありませんよね?

サングラスの似合う・似合わないは、顔の形によって決まります。

デザインを選ぶときには、自分の顔の輪郭を意識しましょう。

 

「面長の顔には、縦に長いデザインを」

サングラスをしたことで、顔が余計に長く見えるのは避けたいところ。

そこで、面長の人は縦長のサングラスをチョイス。

具体的にはティアドロップ型、ウエリントン型、大きめのバタフライ型がオススメです。

小顔効果を狙うなら、メタルフレームよりもプラスチックフレームがオススメ。

 

jm_20140420_1_teardrop 20140420_2_wellington 20140420_3_baterfly
ティアドロップ  ウエリントン バタフライ

 

 

「丸顔には、横に長いデザインを」

逆に丸顔の場合は、横幅より縦幅が短いサングラスを選ぶことで、少し顔を長く見せることができます。

形としては丸みがかったものよりも、スクエア型やウエリントン型が似合います。

 

20140420_4_square
スクエア

 

 

「エラが気になる人は、柔らかみのあるデザインを」

エラの張っている女性が角ばったデザインのサングラスをしてしまうと、顔の四角さが強調されてしまいます。

そこで、オーバル型、ラウンド型といった、丸みを帯びたデザインを選びましょう。

丸みのあるデザインはそれだけで、やわらかくフェミニンなイメージにつながります。

 

20140420_5_orval 20140420_6_round
オーバル ラウンド

 

 

「顎がとがり気味のアナタなら、選択肢はふたつ」

ついキツくなりがちな印象を和らげたいなら、選ぶのはオーバル型やバタフライ型。

デキる女度を上げたいのなら、フォックス型のサングラスを選べば効果抜群です。

 

20140420_7_fox
フォックス

 

 

サングラスはする人、しない人が極端に分かれるアイテムですが

自分に似合うものをかけることで、新しい自分の魅力を発見できるかもしれません。

瞳を守ってくれる大切なパートナーとしても、お気に入りの一本を持ってみては?

 

 

本コラムに写真掲載しているサングラスのお取り扱いショップ

2000円以上購入で送料無料。JIN’s GLOBAL STANDARD オンラインショップ