小柄な体形のせいで、思うような服が選べない。そもそもそういった服を売っているお店が少ない。

こうしたお悩みを抱える女性、意外に多いのではないでしょうか?

女性の平均身長が伸びる中、大柄な女性向けのファッションは充実してきていますが、小柄女性の方は手薄な印象が・・・

そんな女性たちのお悩みを解消すべく、“美小柄プロデューサー”としてさまざまな活動をしているのが廣瀬 淑子さん。

ご自身も小柄で苦労されたことがあるという廣瀬さんのエピソードやお仕事の内容について、お話を伺いました。

 

-廣瀬さんは“美小柄プロデューサー”という肩書で活動をされていますが、そのお仕事のきっかけは何だったんですか?

 

「私自身、身体が小さく、服選びに苦労していました。

小柄な女性向けのファッションというとどこか子供っぽかったり、カジュアルなものしかなかったりで、ある程度の年齢になってフォーマルな服を探そうと思うと、本当に選択肢がなかったんですね。

ファッション関係の方からも、小柄女性向けというのはニッチ過ぎて、あまり積極的に商品を出されないともお聞きました。

でも同じような悩みを抱えた女性たちはきっといるに違いないと思い、身長155センチ未満で35才以上の大人可愛い女性、外見も無い面も輝いている女性を“美小柄”と名付けて、それを目指すための活動を始めました」

 

-たしかにそう言われてみると、LやMに比べてSサイズというのは選択肢が少ない気がします。

 

「そうなんです。大人的にしっくりくる服を見つけても結局サイズが無かったり、ということが本当に多くて・・・しかたなくサイズの大きい服を買って調整しながら着たりはするんですけど、いつもいつもそうやって妥協をしているとオシャレを楽しむ気持ちも薄れますし、服だけじゃなくいろいろなことを妥協する癖がついてしまって、自信も無くなってくるんです」

 

-服だけじゃなく、自分の内面にもネガティブな影響が出るんですね。廣瀬さんも昔はそうだったんですか?

 

「本当にそうでした。お店に入るのも躊躇していました。試着室に入って出てきたとき、店員さんが一瞬見せる“似合ってない”という視線や態度を目にするのも嫌でした」

 

-それでも今のようなお仕事を始められたというのは、何かきっかけがあったんですね。

 

jm_20140910_1「そうなんです。たまたま入ったお店で店員さんに勧められたTシャツがあったんですね。それは普段の自分なら絶対に選ばないような色やデザインだったんですが、着てみたらものすごくしっくりきたんです。

それがきっかけで、小柄でももっとファッションを楽しんでもいいんだ、服に着られるのではなく、自分自身が選んで似合うように着こなしていいんだ、ということに目覚めました」

 

-具体的に美小柄プロデューサーとしては、どのような活動をされているのでしょうか?

 

「小柄な女性たちに集まっていただいて意見・情報交換のための座談会を開いたり、オーダーメードドレスの試着会などを行っています。

あわせて少しでもファッション業界の人にアピールできるように、いろいろな企業とコラボレーションをしたり、一般の小柄女性たちを集めた美小柄ファッションショーを開催したりしています」

 

-小柄女性をモデルにしたファッションショーとは珍しいですね。

 

「たまたまお招きいただいてファションショーを見る機会があったんですが、背の高いモデルさんが歩いていても、自分事としては見れなかったんですよね。

そこで、背の低い女性がファッションショーをやったらどうなるんだろう、ということで始めてみました。

一般の方々にステージに上がっていただいたんですが、皆さんすごく輝いていてステキでした。

いろいろな皆さんからもご好評をいただき、10月には六本木ヒルズで開催することになっています。

あわせて今企画中なのは、元タカラジェンヌとコラボを組んで身体のラインや姿勢を綺麗に見せる「美小柄フィットネス」です。

小柄さんでもいつも姿勢がいいと、それだけで凛として見えます。いつも凛と見えているタカラジェンヌのあのオーラを、小柄女性にも・・・という想いで取り組んでいます」

 

-小柄なことでお悩みを抱える女性たちに、なにかアドバイスをいただけますか。

 

「小柄な女性ほど、すごくかかとの高いヒールを履きたがる傾向があるんです。これはある程度の身長が無いと格好が悪いという思い込みにとらわれているからです。小柄であることは自分の個性であると考えて、あえてペタンコ靴を選んだり、小柄だからこそ似合うファッションを楽しんでほしいですね」

 

-最後にメッセージをいただけますか。

 

「私のテーマは、“人生のランウェイを歩く”ということです。

誰もが自分の人生の主役なので、堂々と楽しんで毎日を送ってもらいたいです。私も今の仕事を通じて、そんな生き方のためのお手伝いができればいいなと思っています」

 

◆編集部の一言
廣瀬さんの第一印象は、「とにかく細い、顔が小さい」。まさに美小柄をそのまま表したような女性です。しかしながら内に秘めた情熱は熱く、大きく。同じように小柄なことがお悩みの種になっている女性たちのために、まだまだやりたいことがたくさんあるそうです。

 

廣瀬 淑子 さん jm_20140910_hirose
美小柄プロデューサー

オーラソーマカラーケアシステムプラクティショナー

155センチ以下の小柄女性に向けて「美小柄で大人可愛く」をテーマに35才からに向けた商品開発、座談会、ファッションショー、コラムなどの情報発信を行う。

あわせてカラーセラピーでその人本来の美しさ、才能を引き出す為のコンサル、セミナーを、イベントをイベント会場、幼稚園等で開催。ダイヤの原石である女性たちが本来持つの輝きの後押しをする。

 

廣瀬さんのブログ

美小柄で大人可愛く♪Sサイズをもっと楽しむ着こなしヒント術

 

facebookページ

美小柄