facebook、ツイッター、ブログなど、何かと自分の写真を載せる機会が多くなっている昨今。

友人との集合写真を見て、「なんて老けてるんだ」「なんかたるんでる」なんて気づいてしまい、

自分の写真を自信を持って見せることができない・・・そんなこと、ありませんか?

メイクや髪形ももちろんですが、そもそも顔の筋肉(表情筋)が衰えてしまうと、年齢以上にお疲れの顔になってしまうらしいんです。

それは大変! ということで今回は“表情筋のプロ”である北野 美穂子さんにお話を伺いました。

 

-北野さんが表情筋の存在やその大切さを知ったのは、ご自身の経験からということですよね?

 

「そうなんです。

40歳になって、ある日ウインドーショッピングをしていた時、ふと自分が写った鏡を見て「なんて老けてるんだ!」と衝撃を受けたんですね。

急いで高い美容液を買って試してみたんですがあまり効果がなく、次にエステにも行ったんですが値段的に通い続けるのは難しいなと。

そんな時に、表情筋に作用するフェイスストレッチに出会ったんです。

1年独学で勉強して続けた結果、ほうれい線が薄くなってきたんですね。

その後さらに専門的な知識を身につけるために表情筋の一人者の先生に習い、自宅でも教えられる資格を取得しました」

 

-具体的に表情筋というのは・・・

 

「表情筋というのは、顔の目や口、鼻などを動かす筋肉のことです。

顔には30種類以上の筋肉があって、これが相互に作用することによって人間の複雑な表情を作り出します。
身体の筋肉は骨と骨をつないでいますが、顔の筋肉は骨と皮膚につながっているのが特徴です。

ですから表情筋が硬くなって動きが悪くなったりすると、それがそのまま顔の表面にも表れてしまいます。

ただ一般的には、この表情筋は20%程度しか使われていないと言われています」

 

-ほとんど使われていないということですね。

 

jm_20140930_1「そうですね。

表情筋が固くなると血流が悪くなります。血流が悪くなるとくすみやクマが出やすくなります。

また多くの方には表情のクセというものがあります。これは表情筋の一部分だけをよく動かしているような状態ですので、表情ジワが特定の場所に出ますね。

おでこにシワが出ている場合も要注意です。本来まぶたを上げるための筋肉が動いておらず、その上のおでこの筋肉を使ってまぶたを引き上げてしまっているかもしれません」

 

-なにげない表情も、すべて表情筋の状態に左右されるんですね。

 

「写真を撮るときに笑顔が作れない方というのも、口角が下がるクセがついていることが原因と考えられます。

表情筋ストレッチでは、最初に今の状態を把握して、段階を踏みながら簡単なストレッチを積み重ねていきます。

毎日毎日絶対に続けなければいけないということでもないので、気軽に取り組めると思います」

 

-表情筋を鍛えることで、他にもメリットがあるのでしょうか?

 

「はい。私は表情筋ストレッチを通じて、笑顔でいることの大切さも伝えているのですが、笑顔でいることはいろいろと効能があります。

私たちの身体の中には、ガンを破壊するといわれているNKキラー細胞というものがあるのですが、笑顔でいるとこの細胞が活性化されると言われています。

また笑顔でいることでそれが逆に脳に刺激を与え、楽しいと思い込むんですね。すると脳内でドーパミンという「快楽」に関係した神経伝達物質が活性化して、気分が楽しくなってきます。

つまり、「楽しいから笑顔になる」ではなく、「笑顔を作ると楽しくなる」という逆効果が、人間の脳にはあるということなんです。

だから笑顔というのはとっても大事なんです」

 

-それで『笑顔美人塾』というネーミングでサービスを提供されているんですね

 

「笑顔は自分自身を楽しくするのはもちろん、まわりの人も幸せにする力を持っています。

表情筋ストレッチを通じて、自分らしいステキな笑顔でいられる女性たちが増えるといいなと思っています」

 

-最近では『印象美人』というテーマでも活動されているようですが?

 

「はい。印象というのは人間関係においてとても大切なものなので、その方の個性を活かしたステキな印象を作り上げるために、イメージコンサルタントの蜷川 恵美子さんと一緒に取り組んでいるプロジェクトです。

まだはじまったばかりですが、定期的に座談会などを開いて皆さんにお集まりいただいています」

 

-最後にメッセージをいただけますか。

 

「小さな積み重ねの先にしか、大きな成果はありません。

40代からの小さな努力が、50代の大きな変化につながりますので、少しずつでもご自身のケアをしていくことが大切です」

 

◆編集部の一言
今年で52才という北野さんはインタビューj中も終始笑顔で、ふんわりとした優しい雰囲気に満ちていました。メイクやヘアスタイルも大事ですが、土台となる顔の筋肉を良いコンディションにしておくことが大切なんですね。

 

北野 美穂子 さん kitano

笑顔美人塾主宰 笑顔表情筋研究家
和歌山県生まれ。
東京都歯科医師会の衛生士学校で歯科衛生士の資格取得。その後10年間麻布十番の歯科医院に勤務。
40才になった時、たるみや老いに流されている自分が年齢以上に老けていることに驚く。その後フェイスストレッチに出会い、1年間の独学後効果を実感し、表情筋の一人者から指導を受け、ホームサロンの資格を取得する。
表情筋レッスンにより笑顔力が増すと脳が活性化することを知り、脳科学のDNAや細胞の分野で博士号を持つ西博士の元にて最新の脳科学を勉強。歯科衛生士の経験を活かした口元の噛み合わせなどとあわせて指導をしている。

 

市主催講座、セブンカルチャー、オアシスラフィール、保健所、パソナ、ホテルの従業員の笑顔力アップセミナー、介護施設、歯科医院、矯正歯科、美容院、などでも業務を経て、2013年4月から本格的に起業。

 

●北野さんのブログ

笑顔美人塾 in 東京品川