夏の間は神経質なほど紫外線対策する私たちですが、日差しが弱まるこの時期になると意識しなくなりますね。

冬は紫外線の弱い季節ではありますが、降り注いでいることに変わりはありません。

シミやシワの要因となるUVA波(長波長紫外線)は夏の3分の1ぐらいと言われていますが、問題なのは浴びる量。

1日中キッチリと紫外線対策している夏と、無防備に1日過ごす冬。

当然冬の方が浴びる時間は長くなり、浴びる量も増えてしまいます。

 

加えて問題なのは、この時期は肌が乾燥するということ。

肌が乾燥しているとバリア機能が低下。つまり夏よりも紫外線の影響を受けやすくなっている状態です。

また紫外線は水分の蒸発を促す性質があるので、乾燥した状態で紫外線を浴びてしまうとより肌が乾燥するという悪循環も生まれてしまいます。

保湿効果のあるスキンケアアイテムを使って肌をガードしてあげる、UV効果のある下地やファンデーションを使うといったことが、翌年に後悔を残さないポイントです。

 

さらにこの時期は、夏にダメージを受けた肌を修復するチャンスなんです。

 

皆さんよくご存じの、肌のターンオーバー。このサイクルは28日周期と言われています。

このターンオーバーのサイクルに乗って、夏場にうけた肌ダメージが代謝していきますので、この時期が修復チャンスになるのです。

逆にこの代謝がうまくいかないと、シミ・シワといった肌トラブルの原因になります。

 

こういったトラブルを防ぐためには、ターンオーバーを正常化してくれるビタミンB12、血流改善し肌の潤いを保つリコピン、美白・美肌によいとされるビタミンC・ビタミンEを摂ることが大切。

この成分を多く含む魚介類、トマト、レモン、ナッツ類を、定期的に食べるといいのですが・・・忙しい中、結構難しいですよね?

 

そんな時におススメなのが、「飲む日焼け止め」という新しいコンセプトで誕生したサプリメント『noUV(ノーブ)』です。

 

jm_20161130-2_1

 

おススメと言うからにはもちろん、ビタミンB12、リコピン、ビタミンC・ビタミンEの成分が含まれているわけですが、更に紫外線防御に効果のあるPLエキスまで配合されています。

つまり肌の防御と修復、両方に作用してくれるというわけです。

飲む日焼け止め自体は美容業界にすでにありましたが、毎日飲み続ける必要がないのも嬉しいポイント。

外出の30分前に飲めばOKです。

 

『noUV(ノーブ)』は日本国内処方で、美容クリニックドクター監修。安心・安全にも配慮されているサプリメント。

 

「夏に焼けちゃったんだよなぁ」という皆さん、最先端の紫外線対策『noUV(ノーブ)』を活用して、“もっとキレイな来年の自分”を目指してみてはいかがでしょう?

 

『noUV(ノーブ)』公式サイト