笑った時やお風呂上り、“赤ら顔”になりやすい女性、意外と多くいらっしゃいます。

また冬の時期は部屋の外と中の温度差で、会社に入ったとたんに顔が赤くなって恥ずかしい、ということもあります。

端から見ればかわいらしい印象にもつながる赤ら顔ですが、それがとても嫌で、ファンデーションを厚塗りしてしまう人もいるのでは?

 

赤ら顔の赤さは、肌の内側にある毛細血管の色。

何らかの原因で肌の表皮が薄くなることで、毛細血管が外からの刺激に反応しやすくなり、拡張する。

これが赤ら顔になる理由です。

 

そんな赤ら顔に悩んでいる人の多くは、敏感肌・乾燥肌・脂性乾燥肌の状態。

つまり本来あるはずの肌のバリア機能が低下しています。

 

この“赤ら顔”という、細かなお悩みに着目したケア製品が『ULU(ウルウ)』です。

 

jm_20161215_1

 

『ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク』は、肌のバリア強化成分であるセラミドを補うため、浸透力の高い浸透セラミドを採用。

また敏感肌に使う商品のため、防腐剤や石油原料などを一切使わない、完全無添加にこだわっています。

 

また乳液・美容液・化粧水など1本5役のオールインワンなので、洗顔後にはこれだけでお手入れが終わるのも嬉しいポイントです。

 

今なら、たっぷり1か月使える『ULU(ウルウ)』が、通常4,500円(消費税・送料別)のところ、送料込みの3,600円(税別)でお試しが可能です。

 

寒い時期の赤ら顔対策として、ぜひお試しください。

 

『ULU(ウルウ)』公式サイト