雨の日の必須アイテム「ラバーブーツ」。

今さら「長靴?」なんて方はいないと思いますが、最近のラバーブーツは私達世代にぴったりのエレガントなラインナップが勢ぞろいしています。

今回はアラフォーにおすすめ!人気のラバーブーツブランドを紹介します。

更に、ラバーブーツの劣化を防ぐ、おすすめのお手入れ方法もご紹介しますので、是非試してみて下さい。

 

●ラバーブーツの生みの親「HUNTER」

150年以上もの歴史を持つイギリスの伝統的ブランドHUNTER。ラバーブーツを最初に作ったブランドメーカーです。

高い防水性と耐久性はもちろん、その優れたデザイン性により世界中に多くのファンを持っています。

王室御用達のブランドでもあり、アンジェリーナ・ジョリーやケイト・モスなどの海外セレブ達もこのHUNTERの愛用者。

 

●シアトル発「Chooka」

 

雨の多い中でもオシャレに気遣いたい人のために考えられたデザインは、個性を演出したい女性にピッタリ。

Victoria’s Secretなどが並ぶNordstrom(アメリカの高級デパート)で多く展開されており、海外セレブはもちろん人気モデルの愛用者多数。

 

●フェミニンに決めるなら「kate spade」

 

クラシックで女性らしいラインやパターンが大人気。

鮮やかなカラーと洗練された美しいデザインのラバーブーツはまさに街歩き用。

 

●北欧の女性デザイナー「ilse jacobsen・hornbaek(イルセ・ヤコブセン)」

 

北欧デンマークの女性デザイナー。

シンプル&スタイリッシュなデザインで日本にも多くのファンを持つ人気ブランド。

熟練した職人が一つずつハンドメイドで作るラバーブーツは、柔らかで蒸れにくく抜群の履き心地。

 

●欲しいけど手に入らない!「JILLSTUART」

 

売り切れ続出!芸能人のブログや雑誌掲載で更に人気が高まったジルシュチュアート。

ラバーブーツも人気ですが、合成皮革のレインブーツもフェミニンなデザインでアラフォーおすすめ。

 

いかがでしょうか?いくつかご紹介しましたが、他にもGG柄がトレードマークのGUCCIや

上品なコーデにピッタリのLOUIS VUITTON、サイドのカメリアがキュートなCHANELなど、

スーパーブランドのラバーブーツなども実に多種多様になっています。

価格はブランドにもよりますが9,000円~60,000円以上と幅広いです。

ノーブランドなら3,000円以内でも手に入りますが、リーズナブルな商品は合成ゴムの可能性大。

天然ゴムよりひびや色あせなど劣化しやすい傾向があるので素材もしっかり確認しましょう。

 

●ラバーブーツのお手入れ法

 

ラバーブーツは本来丈夫なもの。

しかし天然ゴムは有機材料ですから、紫外線や洗剤に弱く“ひび割れ”や“色あせ”など劣化しやすいという難点があります。

(合成ゴムなら尚更です)何もメンテナンスしなければ1~2年程で劣化が始まる事も。

いくら丸洗いOKとは言っても、お洒落アイテムとして使うのですから、デザインを損なってしまえばただの長靴です。

ここでは、ラバーブーツを出来るだけ綺麗に長持ちさせるための「お手入れ法」や「注意点」をご紹介します。

 

 <準備するアイテム>

ブラシ:馬毛等の毛が柔らかく傷がつきにくいものを。

ラバー専用スプレー:紫外線や傷から守り、光沢を保たせます。

クロス:革製品用のシリコンタイプがおすすめ。

除菌スプレー:気になる臭いをカット。次回気持ちよく履く為にも。

ブーツキーパー:除湿が出来るタイプを。形を維持して、雑菌の温床を防ぎます。

 

 <お手入れの仕方>

 1.ブラシでホコリや泥を掃う。

 2.ラバー専用スプレーをして、クロスで汚れを拭き取り、全体を磨くように吹きあげる。

 3.ブーツの中に除菌スプレーをしてしばらく放置。2時間ほど経ったら除湿系のブーツキーパーを入れて涼しい場所に保管する。

 

 <注意点>

・日光(紫外線)にあたる場所や湿気が多い場所に保管しない

 ・たわしや洗剤は極力使わない(黄ばみ色あせの原因に)

 ・折り曲げない(一度型が付くと戻すのは難しい)

 

ついでにラバーブーツの便利グッズを一つご紹介。

冬物ブーツのようにラバーブーツにはファスナーが付いていない。そう・・・商品によっては非常に脱ぎにくいのです。

そんな時に助けてくれるのが、その名も「ブーツジャック」。

メディアでも紹介されている商品で、もともとは乗馬ブーツを脱ぐときのための道具。

床に置いて使うものなので持ち運びには向かないけれど、自宅に帰ってブーツと格闘する事はまずなくなります。

ブーツジャックはともかく、最低限のケアアイテムが揃っていれば管理もそう難しくありません。是非お気に入りのラバーブーツと一緒に揃えておきましょう。

 

 一度購入すると分かりますが、ラバーブーツは雨の日・雪の日・アウトドアなど1年の中で意外と出番が多いアイテム。

蒸れるのでは?なんて言う人もいるかもしれませんが、そんな時は厚手のソックスで湿気をカバー(HUNTERには専用フリースソックスも)。

お洒落に我慢は欠かせませんが、夏場以外は温かくて快適に過ごせるはずです。

大人可愛いワンピースやトレンチコートと合わせるも良し、ジーンズやショートパンツと合わせるも良し。

灰色がかった日でも颯爽と街中を歩き、大人の強さと賢さで自分を上げていきましょう!