クローゼットを開ける。

たくさん服は掛かっているのに、「着るものがない!」

で、いつもと同じ服を手に取る・・・

 

でも、それじゃああまりにも味気ない。

コーディネートがワンパターンで制服のようになってしまうのでは楽しめない。

女っぷりも上がらない!

 

そこでスタートしたのがこのコーナー。

毎回ひとつのファッションアイテムをおススメ。

アナタの“脱ワンパターン。ちょっとだけイメチェンファッション”を応援します。

 

今回ご紹介するのは、「裾シフォンフリルチュニック」です。

jm_fashion_20160130_1

パッと見、

「え、裾の部分とかちょっとかわいすぎないコレ」

と感じるかもしれませんが、ボトムの組み合わせによってフェミニン寄り、カッコイイ系、どちらにでもイメージが変わるふり幅が大きいアイテムです。

 

二枚重ねが苦手な人には、とても優れたアイテムなのが裾シフォンフリル。
一枚しか着ていないのに、二枚着ているかのようにちょっとオシャレな着こなしができます。

 

おなか周りがダボつかないのもうれしいポイント。

そして気になるお尻も隠してくれる優れモノ。

窮屈でない上に、オシャレな着こなしが出来るのでこのところ人気アイテムとなっています。

 

jm_fashion_20160130_2

 

「窮屈でない上にお洒落に着こなしが出来ると言っても、デザイン的に寸胴に見えてしまったりしないの?」

とご心配の方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

裾シフォンフリルチュニックの場合、履くパンツで見え方が全く変わってきます。
例えば、今季流行っている白の細身のパンツを持ってくれば、トップスがゆったりしていてもパンツが締まる分、寸胴に見えたりしません。

白の細身のパンツが苦手な方ならば、黒の細身のパンツに合わせて履いて頂いてもいいですね。

黒のパンツであればより締まって見えます。

白のパンツに合わせるなら、トップスの裾シフォンフリルは濃い目の色味のモノ。
黒のパンツなら、トップスの裾シフォンフリルは淡い色味のモノを持ってきます。

 

jm_fashion_20160130_1

 

「ちょっと甘すぎない?」

と感じる場合は、今季も流行っているワイドパンツに合わせてカッコよく着こなすのもアリ。

ワイドパンツも例えば、裾シフォンフリルを白系を選んだら、ワイドパンツは締まった色(ブラック、ネイビー、グレー)や、ピンストライプのワイドパンツでカッコよく着こなすのも宜しいかと思います。
その時は靴は、トラッドタイプの靴などに合わすとよりカッコよさが増します。

 

デニムとも相性がいいのがこのアイテム。

デニムの場合は細身のパンツと一緒で、スキニータイプや細身のラインのデニムならば、甘さ抑えめのコーデになります。

 

jm_fashion_20160130_2

 

NGの着回しは、スカートに合わせること。

スカートに合わせると上から下まで寸胴に見えてしまったり、重い印象になります。

せっかくお腹やお尻が隠せても、台無しです。

 

jm_fashion_20160130_5

 

コーディネートによっていろいろな印象をつくることができる裾シフォンフリルチュニック。

一度挑戦してみては?

 

※記事中でご紹介している各商品は、アマゾンでご購入可能。写真をクリックすると詳細ページにリンクします。

 

このコラムの次の回を読む»