大人女子の自分みがきを応援してくれるプロをご紹介するインタビュー。
今回は、35才以上の女性に向けて、“マイナス10歳”をテーマとしたこだわりのサプリ・化粧品を製造販売している株式会社ability代表 小出 美知代さんにお話を伺いました。
現在45才の小出さんは、とてもエイジレスでステキな女性。40才を過ぎてから自分を好きになっていったというエピソード、さっそくご紹介します。


-小出さんは起業される前から、化粧品の業界で働いていたんですか?

「化粧品だけということもないですが、女性の美に関係する仕事をずっとしてきました。具体的には輸入補正下着の会社での広報、30才の頃はファッション通販誌のバイヤー、その後化粧品の製造を請け負う会社に勤めました」


-ご結婚されたのはいつごろですか?

「32才です。すぐに長男が生まれたんですが、夫とは別れてしまいました。その後再婚もしたのですが、子供のこともあってなかなかうまくいかず・・・それからはシングルマザーとしてがんばっています」


-子育てをしながら仕事もがんばり、更に自分の会社を立ち上げるというのは相当大変なことだと思いますが、がんばってこれた理由は何ですか?

「がんばってこれたモチベーションの源は、やっぱり子供の存在ですね。
子供と過ごす時間を大切にしながら、仕事もしていかないといけない、しかもできるだけ年を取っても・・・。
そうなると会社員という立場よりも、自分で会社を始める方がいろいろメリットがありました。
また、もともと化粧品がとても好きで、それを作るノウハウも学んでいたので、この得意な分野で起業したという感じです」


-小出さんの会社が作る商品は、どれも“マイナス10歳”がテーマとなっていますが、特にこだわっているのはどんな点ですか?

「長らく化粧品製造に関わってきて、どんな原料が肌や身体にいい影響を与えるのか、その原料自体の質の善し悪し、調達先やコスト、製造方法などを熟知してきたので、その経験を活かして本当にいいものを、リーズナブルに提供できる、というのが最大の強みです」


-半年ほど前に発売された『エクストラUP ビューティーサプリ』は、早くもリピーターの方がいらっしゃるようですね。

「お蔭様で、たくさんの女性にご愛用いただいています。
このサプリには、プエラリア・ミリフィカという成分を豊富に含んでいます。最初にこの成分を知ったのは、若返りの研究をされている大学教授の方に教えていただいたのがきっかけです。
その先生によると、女性の老化の一番の原因は乾燥や紫外線といったものではなく、女性ホルモンが減ることなんだ、ということだったんですね。驚きでした。

その先生からプエラリア・ミリフィカをいただいて、それから10年間使っていたんですが、肌がふっくらしてきてハリツヤが出てきたり、生理不順などの症状も改善していったんです。
自分自身が本当に若返りを実感して、この成分は有効だと心から感じました。実は40才を過ぎてから、ファンデーションは使っていないんですよ」


-プエラリアというと、バストアップに有効な成分という印象ですが・・・

「そうなんです、今売られている商品は、そのほとんどがバストアップのためのサプリということになっています。キャッチコピーとしてもその方がわかりやすいですから。それから値段も結構高いです。
女性ホルモンに作用するのでバストアップの効果も確かに期待はできますが、私はそうではなく、自分と同年代の方々に若返りをしていただきたいという想いが強かったんです。
そのためにプエラリア・ミリフィカだけでなく、その世代に有効な美容成分をぜいたくに使い、その上長く続けやすい価格にする、ということで商品にしました」


-まさに、小出さんの経験が活かされたこだわりの商品ですね。お客さんの感想はいかがですか?

「肌がふっくらしてきて小じわや毛穴が目立たなくなってきたとか、単に美容成分を補給するサプリと違って、身体の芯から元気になる感じがする、といった感想をいただいています」


-そんな小出さんのこだわりが詰まった新商品が、いよいよ今月から発売ですね。

「はい。今回は『Flourish』(フラーリッシュ)という名前で、美容液とクリームのスキンケア商品になります。
主原料としては、老化の原因となる活性酵素を無害化してくれる高い抗酸化力を持つフラーレンをたっぷり使っています。
フラーレンは、抗酸化作用についてはビタミンCの125倍、コラーゲン生成促進効果はプラセンタの800倍とも言われている、ノーベル賞を受賞している成分です。

もうひとつのこだわりが、マンジェリコンエキスです。これは希少なシソ科のハーブから抽出したのですが、美白効果が高いと言われています。この成分を化粧品に使うというのは、弊社が世界で初めてです」


-またまたこだわりがたくさん詰まった商品ですね。

「アラフォー世代には、やっぱり本物を使っていただきたいんですね。
これは化粧品だけでなく、洋服やアクセサリーでも同じですが、チープなものばかりに目がいってしまうと、自分自身のモチベーションも下がっていってしまう気がします。
ひとつでもいいので、本物を使って自己投資してあげると、自分自身の気分も上がるし、自信も出て、魅力的に変わっていくと私は思います」


-“自分に自信が無い”というアラフォー女性は実は意外に多いと思いますが、小出さんも昔はそうでしたか?

「離婚を経験して、子供を育てながらの仕事。しかも当時契約社員でしたので収入も不安定で、その頃の私は本当に毎日不安でしたし、自分に自信もありませんでした。
当時は洋服も、暗い色のものばかり着ていました。
そんな中、長く働いていくために経理に詳しくなろうと思って、子供が寝た後の時間などをやりくりしながら勉強した結果、簿記の3級・2級の資格を1年で取れたんです。
そのことで、一生懸命になれる自分に対して、“自分でもやればできる”という確信が持てて、自分が変わりました。この先も、“その気になれば何でもできるんだ!”という気持ちになって、不安もなくなりました」


-自分で自分を変える一歩を踏み出すことが大切、ということですね。

「特に女性の場合、輝き続けるためには自己投資が必要だと思います。内面でも外見でもいいので、きちんと身になる自分みがきができれば、自分に自信が持てて、自分を好きになれると思います。
例えば私は、興味のあることを勉強したり、大好きなモデルさんのファッションを真似したりしています。

もちろん私も人並みに落ち込むこともありますが、そんな時には、去年の自分と今の自分を比べるようにしています。比べた結果、去年より環境が良くなっていたり、自分の成長を感じたりできれば、“自分がしてきたことは間違いじゃない”と思えるし、そうじゃなければ“何かが間違っている”と判断して、別の選択や取り組みを始めることができます。
隣の芝生は青く見えるなんて言いますが、他人と自分を比べるのではなく、自分の中を見つめていくことが大切ではないでしょうか。自分の人生ですから他人軸ではなく、自分軸で自分のシアワセを感じられればいいと思いますよ」   ※サプリ・化粧品の効果には個人差があります。

 

◆編集部の一言
中学生になるお子さんを抱え、身内も近くにいない環境の中でシングルマザーでいるというのは大変なことも多いはずですが、小出さんはそんな苦労をまったく感じさせない、とても笑顔がステキな女性です。「年をとることが楽しみ」と迷いなく口にできるのはうらやましい限り。そんな小出さんが生み出すサプリや化粧品は、多くのアラフォー女性たちにも、変わるきっかけを与えてくれるのではないでしょうか。

 

小出 美知代 さん

女性向けファッション通販誌の化粧品&インナーの企画バイヤー、編集業務を創刊から担当。その間、結婚、出産を経験しながら勤務。

化粧品について更に知見を深めるため、化粧品の製造OEM会社へ入社。
ここで、企画・開発から容器などの資材手配まで、一からの化粧品、サプリメント製造を学ぶ。
販売のノウハウもさらに学びながら、40歳、リンパセラピストの資格を取得。

社内での美容セミナーを開催のうち、都内の学習センター様よりセミナー講師の依頼を受け、『自宅で出来るフェイスアップ・リンパマッサージ』、製造会社の知識を生かし『化粧品の選び方、正しい使い方』などビュティーセミナーも講演。

化粧品、サプリメントのOEM会社にて1500アイテム以上の試作品を試した豊富な経験を活かし、どんな商品が良いか、効果があるか、どうすれば安価に商品ができるかを熟得した上で、毎日使える価格でも確かに効果を感じるものを多くの方に知ってもらいたく、平成24年2月に化粧品・サプリメントの自社ブランドメーカーabilityを設立。

 

 

●ホームページ

 

株式会社 ability