■40代からの「お悩み解消」ファッションテクニック

~ 流行のスカートを、もう一度楽しむテクニック

 

こんにちは。イメージコンサルタントの竹内美香です。

昨年からスカートがトレンド傾向で、パンツスタイルよりも人気が上がっているようですね。

パンツは動きやすく、仕事場では大活躍!「今さら脚見せるのにも抵抗が・・・」なんていう気分も働いて、気がついたら毎日パンツスタイルばっかり、なんて方もいらっしゃるかもしれません。
今年はトレンドのスカートを取り入れて、春らしく、新しい着こなしを見つけてみませんか。

まずは、今年のトレンドのスカートデザインをチェックしてみましょう!

 

1.ミモレ丈スカート

ふくらはぎ丈のスカートのことです。

去年からミモレ丈のフレアースカートなどたくさん見かけますね。春夏は、チェック柄なども流行のようです。

 

2.シャツワンピース

その名のとおり、シャツの形をしたワンピースです。
首元がシャツスタイルなので、デザインを選べばお仕事スタイルにも対応できそうです。

 

3.デニムスカート

今年はデニムのパンツ、スカートなど幅広く見かけそうです。
普段デニムスカートを履かない方にも、似合うデニムスカートが見つかるかも。

 

4.チュールスカート

バレエのときのチュチュみたいなオーガンジーが重なったスカートです。

3デニムスカートや4チュールスカートは、オフィス用にはカジュアル過ぎますので、オフの日などに着てみると良いですね。

 

スカートがトレンドになってiいるおかげで、最近は膝下丈のスカートが見つけやすいのが嬉しいところ。

膝下丈は、大人らしさや品の良さが出せます。

実用的な面では、膝上丈だと足元が気になったりしますが、膝下の丈は対面で椅子に座ったときなどに気にならずに座ることができます。

 

似合うスカート丈の見つけ方ですが、自分の脚がきれいに見える丈を見つける方法として、ロングスカートを履き、鏡の前で徐々にスカートを上げていきましょう。(鏡の前で、布の丈を変えて脚の見え方をチェックしても良いです)

自分に合う丈になると、脚が綺麗に見え、全体のバランスが良く見えると思います。

 

例えば、私は、O脚で膝上が張っている体型です。

ですので、O脚が一番目立つラインと膝上のラインのスカートにすると、脚が太く見えてしまいます。
(ただし、スカートのデザインによって違って見えることもあると思います)

皆さんも、試してみてくださいね。

 

そして、似合うスカートのデザインですが、タイトスカートとフレアースカートの2つで考えてみましょう。

タイトスカートの場合、脚やヒップのシルエットが出るため、素材選びが重要です。
太ももやお尻などが部分的に気になる方は、ストレッチが効きすぎた素材やハリのない素材ではなく、張りがあり適度に体のラインに沿う素材を選んでみましょう。
レース素材などもラインが誤魔化せますよ。


脚の太さが気になる方には、台形スカートがおすすめです。

フレアースカートは、太ももやヒップラインなどの部分が気になる方にオススメです。
気になる部分を隠してくれるので、全体に細く見える効果があります。
細身の方はボリュームのあるスカートも似合いますし、ふくよかな方はあまりボリュームのないフレアースカートがきれいなシルエットになると思います。


ふくよかだから、フレアースカートで体型のラインが出ないように・・・と選ぶよりは、タイトスカートでスッキリ着たほうが着やせ効果がありますよ。

似合う丈とデザイン、トレンド要素を取り入れ、ピッタリな1枚を見つけてくださいね。


身長が158cmの私ですが、ミモレ丈で張りのある素材のフレアースカートで似合うものがありました。

コーディネートですが、スカートが長めでボリュームが出ますので、トップスはいつもより短めにしたり、スカートにインして着ています。

 

またスカートに合わせた靴選びもポイント。スカートスタイルも足元で印象が全く違ってきます。

今年のトレンドの靴は、ブーツサンダル、サンダルなど露出が高い靴と、レースアップシューズ、メタリック素材など、ちょっとオフィススタイルには難易度が高そうなデザインが多いようです。

お仕事場では、レースアップシューズやヒールに少しシルバーなどが入っているものなどをスカートに合わせてみてはいかがでしょうか。

 

ココ・シャネルは、「スカートをはかない女に未来はない」とインタビューに答えているそうです。

今年はスカートで女度を上げてみませんか。

 

このコラムの次の回を読む》

《このコラムの前の回を読む

 

竹内 美香 さん jm_takeuchi_3

カラースクールA-color主宰。百貨店、ホテルなど企業のカラー研修、個人向けカラースクールを行う企業に勤務後、独立。 似合う色、色彩心理、カラーセラピー、ディスプレイなど「色」の効果の多方面で活用するセミナー、講座を開催している。 あわせてイメージコンサルタントとして、「似合う色、似合うデザイン」を意識した大人の洋服を選びをサポートしている。

 

カラースクールA-color ホームページ