■40代からの「お悩み解消」ファッションテクニック

~ 気になる下腹部をすっきり見せるテクニック

 

こんにちは。イメージコンサルタントの竹内美香です。

先日、昔履いていたタイトスカートがあったので履いてみると、サイズ的には履けるのですが、下腹が目立ってしまい、20代の頃との体型の違いを目の当たりに・・・。

年齢に応じて、体型に関係なくお腹周り・下腹部は変化していきますね。
最近購入したタイトスカートは、お腹も目立たなく、ヒップラインや脚のラインなど気になる部分が逆にスッキリ見えます。
やはり、年齢に応じたデザイン、素材選びは大切だと改めて感じました。

今回は、気になる下腹部をすっきり見せる服のデザインについて、お伝えしたいと思います。

 

気になるお腹周りを隠すために、チュニックやロング丈のトップスを選んでしまいがちですが、ゆったりしたデザインはかえって全体を太く見えてしまうことがあります。

例えば、下の図のような感じです。

 

kikonashi_20150430_1

上の図は、肌色の部分は同じ大きさですが、(A)(B)のようにストンとしたデザインの洋服でお腹を隠そうとすると、かえって太って見えてします。

(C)のように、ウエスト部分をシェイプしたグレーとタイトなブルーに変えてみるとお腹周りがすっきりして見えますね。

今まで大きめのデザインを選んでいた方は、ウエストに絞りのあるデザインやカットソーあるいは硬い生地、ハリのある生地などのジャケットなど、程よくフィットしたデザインを選んでみてはいかがでしょうか?
最初はピッタリして落ち着かない、と思うかもしれませんが、シルエットで見てみるといいと思いますよ。

また、シンプルなニットやTシャツなどのトップスの丈は、腰を覆う程度の長さのものにすると、気になるお腹周りに適度なゆとりができ、付かず離れずになって目立たなくなります。

 

kikonashi_20150430_2その他に、左図のようにシャツのボタンを少し開けて首もとにVゾーンを作り、腕も少しまくって抜け感を出したり、足元を出すのも細く見えるコツです。

 

ボトムスは、ハリのあるテーパードパンツやワイドパンツなども今年らしい印象になります。

ワイドパンツは体型をカバーしてくれるので下腹や腿のハリが気になる方には嬉しいパンツですね。
さらに、センタープレスパンツだとほっそり見える効果がありますよ。
広がりの少ないデザインからかなりワイドなデザインまで、幅広いデザインがありますので、ボリュームが出すぎないものを試着して選んでくださいね。

 

大人の女性らしい体型は、若い頃には似合わなかったデザインが逆にしっくりくることもあります。

今まで似合っていなかったからと思わず、試着をしてみてくださいね。
体型がきれいに見える洋服を発見できたり、自分の魅力を発見することがあるかもしれません。

 

例えば、今回ご紹介したワイドパンツなどを履いたことがなかった方は、取り入れてみると、お手持ちの洋服とのコーディネートの幅が広がることもありますよ。

ポジティブに、大人の体型を活かしたファッションを楽しみましょう!

 

このコラムの次の回を読む》

《このコラムの前の回を読む

 

竹内 美香 さん jm_takeuchi_3

カラースクールA-color主宰。百貨店、ホテルなど企業のカラー研修、個人向けカラースクールを行う企業に勤務後、独立。

似合う色、色彩心理、カラーセラピー、ディスプレイなど「色」の効果の多方面で活用するセミナー、講座を開催している。

あわせてイメージコンサルタントとして、「似合う色、似合うデザイン」を意識した大人の洋服を選びをサポートしている。

ホームページ

カラースクールA-color