■40代からの「お悩み解消」ファッションテクニック

~ 大人的、トレンドカラーの取り入れ方

 

こんにちは。イメージコンサルタントの竹内美香です。

今年は5月から夏の暑さで、何を着ようか迷ってしまいますね。
同じスタイルばかりしてしまう方や、何を着たら良いか毎日悩む、という方もいるかもしれません。

そんなワンパターンの着こなしを変え、気分も変えるために、今回はトレンドカラーの取り入れ方をお伝えします。

 

さて、皆さんのワードローブで多い色は何色ですか?
ベーシックカラーの「グレー」や「ベージュ」「紺」「黒」など、どんな色が多いかで、買い足す差し色を考えてみてはいかがでしょうか。

今年のトレンドカラーの代表は、以前にも書きました「ブルー」!
パステル系のブルーからデニムまで、幅広いブルーを見つけることができます。

「ブルー」は、知的、信頼感、清潔感、クールなどのイメージを持つ色です。

またブルーは誰にでも好まれる色ですので、迷ったときはおすすめの色だと思います。
ワードローブに「グレー」や「黒」が多い方は、「パステルブルー」や「クリアブルー」などとコーディネートすると、今年らしく、さわやかで知的な印象に見えるコーディネートになります。

kikonashi_20150530_1

同じ「ブルー」でも、カジュアル感、元気な印象をもたれるのが、「デニム」や「ターコイズブルー」です。
ワードローブに「ベージュ」や「ブラウン」が多い方は、「デニム」や「ターコイズ系のブルー」が合わせやすいですよ。

kikonashi_20150530_2

ふたつ目のトレンドカラーは、「イエロー」です。明るく、ハッピーな印象を与える色です。
ファッションとして身に付けると、自分自身も元気になれる色ですよ。
「グレー」や「紺」が多い方は、アクセントカラーで取り入れるとバランスが取りやすくなります。

オフィスで取り入れるなら、「グレー」×「パステルイエロー」などは品が良く、明るい印象になります。

kikonashi_20150530_3

今年は「ホワイト」のコーディネートも多いので、「ホワイト」×「イエロー」のコーディネートも。

甘くなり過ぎないように、デザインや素材で大人の組み合わせがおすすめです。

最後に、「ピンク」
「ピンク」は、女性らしい、甘い、かわいいイメージがあるので、ちょっと苦手、という方もいらっしゃいます。

でも、「ピンク」という色は、女性ホルモンをアップさせるという話もありますので、可愛さが苦手な方はシャツなどで取り入れてみては。

 

「グレー」や「黒」が多い方は、「薄いピンク」を合わせてみてはいかがでしょうか?
女性らしさとクール感がある組み合わせなので、大人の女性にも取り入れやすい配色です。

kikonashi_20150530_4

「ベージュ」が多い方は、「コーラルピンク」と組み合わせると明るく、健康的な印象に見えます。

kikonashi_20150530_5

今回はトレンドカラーの中でも、色みが分かりやすいものとワードローブを合わせて考えてみました。

ベーシックカラーの中に色みを足すと、明るい気分になったり、周りからの印象も変わってきます。

トレンドカラーだから購入するのではなく、今、お手持ちの洋服に足して失敗しない「色」を購入するのが、タンスの肥やしにならない秘訣かもしれませんね。

 

このコラムの次の回を読む》

《このコラムの前の回を読む

 

竹内 美香 さん jm_takeuchi_3

カラースクールA-color主宰。百貨店、ホテルなど企業のカラー研修、個人向けカラースクールを行う企業に勤務後、独立。

似合う色、色彩心理、カラーセラピー、ディスプレイなど「色」の効果の多方面で活用するセミナー、講座を開催している。

あわせてイメージコンサルタントとして、「似合う色、似合うデザイン」を意識した大人の洋服を選びをサポートしている。

ホームページ

カラースクールA-color