■40代からの「お悩み解消」ファッションテクニック

~ 40代的、Tシャツ着こなしテクニック

 

こんにちは。イメージコンサルタントの竹内美香です。

最近はカジュアルファッションが流行しているので、雑誌を見ると年代に関係なく、カジュアルなコーディネートをたくさん目にします。
普段、スーツスタイルやきちんとスタイルが多い人にとっては、

「カジュアルって、どう取り入れたら良いの?」

という感じかもしれませんね。

いつも同じスタイルではなく、程よく流行を取り入れることで、頑張り過ぎないけど今っぽい空気感を作り出すというのも、気分が変わって良いのではないでしょうか。

 

そこで、取り入れてみたいのが「Tシャツ」
普段、スーツやジャケットの中にカットソーが多い方は、今年はTシャツに変えてみてはいかがですか?

 

ただし何でもいいというわけではなく、40代の方がTシャツを選ぶときは、デザインや素材に気をつけたいところ。
Tシャツは試着しないで買う人もいるかと思いますが、買ってみたら、


・伸縮性がある素材で背中のお肉が・・・
・ネックラインが開きすぎて、胸元が貧弱に見えたり、逆の人もいたり・・・
・ゆったりしたラインでカジュアルになり過ぎて、スポーツする時みたいになったり・・・


なんてことがあるかもしれません。

 

気をつけたい部分は


・背中のラインがぴったりし過ぎない、
・二の腕のライン
・ネックライン

 

kikonashi_20150720_1手軽に買えるファストファッションのお店でも、似合うTシャツを見つけるには、試着してみること。

試着するときには、ひとつのサイズだけでなく、サイズの大きい物や小さい物も合わせて試着してみると良いと思います。
デザインによっては、いつも着るサイズと違うサイズの方がキレイに見えることもありますよ。

 

バストがある方や首が長くない方は、丸首より、VネックかUネックがおススメ。
逆のタイプの方は、少し浅めのネックラインが似合います。


全体のシルエットもルーズにすると太って見えるタイプの方と、程よくオシャレ感が出る方がいます。

爽やかに見せたい方は、ホワイトやボーダーをいつもの服に合わせて。
大人の着こなしにしたい方は、カーキやブラック、ダークブルーなどでカジュアルさを減らすと良いと思います。

 

暑い日には、カジュアルを取り入れたオフィススタイルにTシャツをサラッと着こなす。
今年は、そんなオシャレを楽しみませんか。

 

このコラムの次の回を読む»

《このコラムの前の回を読む

 

竹内 美香 さん jm_takeuchi_3

カラースクールA-color主宰。百貨店、ホテルなど企業のカラー研修、個人向けカラースクールを行う企業に勤務後、独立。

似合う色、色彩心理、カラーセラピー、ディスプレイなど「色」の効果の多方面で活用するセミナー、講座を開催している。

あわせてイメージコンサルタントとして、「似合う色、似合うデザイン」を意識した大人の洋服を選びをサポートしている。

ホームページ

カラースクールA-color