■40代からの「お悩み解消」ファッションテクニック

~ オトナにこそ使える、パーソナルカラー

 

こんにちは。イメージコンサルタントの竹内美香です。

1年ちょっと続けさせていただきましたコラムも、今月で最後になります。

今回のテーマは、私がカラーの仕事やイメージコンサルティングを始めるきっかけとなった「パーソナルカラー」です。

 

最近、自分の肌の色やスタイルを客観的に見たことありますか?

普段、気になる箇所ばかりに目を向けて、ため息をついたりしていませんか?
(私もついつい、気になるお尻のラインなどばかりを気にしてしまいますが)

 

コンプレックスをいったん脇に置いて、自分自身を客観的に見てみましょう。

本来持っている肌の色、顔型、体型などは、あなたの魅力です。

その魅力を引き立てる色とデザインで「何か変わったね。あなたらしくて素敵ね」と言われたいですよね。

 

似合う色は、その人が生まれつき持っている「肌・目・髪の色」を引き立てる色。

これがパーソナルカラー。皆さんも一度は聞いたことや診断してもらったことがあるかもしれませんね。

 

パーソナルカラーは、大きく4タイプに分類することができます。

スプリング、オータム、サマー、ウィンターと、四季の名前になぞらえて呼ばれます。

 

kikonashi_20150920_1

 

皆さんはどのグループの色を良く着ますか?どの色を着ていると周囲から評判が良いですか?
ご自宅で似合うグループをチェックしてみたいという場合は、リップやチーク、Tシャツなどで試してみてくださいね。(詳しくはカラーアナリストに診断をしてもらうと良いですよ)


コーラルピンク・アイボリーなどが似合う人→スプリングタイプ
サーモンピンク・ベージュなどが似合う人→オータムタイプ
ローズピンク・ライトグレイなどが似合う人→サマータイプ
マゼンタピンク・ブラックなどが似合う人→ウィンタータイプ

 

自分に似合う色のグループのファッションに身を包み、似合う色のメイクをすることで、その人の持っている良さが引き立ちます。


私はサマータイプですが、今の年齢になってくると、自分に似合う色を知っていると洋服選びの迷いがなくなります。

年齢を重ねることで肌に黄みがかったり、気になる部分が出てきますが、パーソナルカラーを使うと肌に透明感が感じられます。
これから、どんな色を着たら良いか迷っている方は、パーソナルカラーをぜひ活用してみてくださいね。


そして、このカラータイプ分類は、自分がどんなイメージを目指したいかでも使うことができます。

 

あなたは、お仕事柄どんな風に見られたいですか?
例えば、落ち着いて見られたい、エレガントに見られたい、可愛く見られたい、カッコ良く見られたい、など様々なイメージがあると思います。
「色」は、一瞬で人に印象づけることができますよね。

 

可愛く・キュート・親しみやすそうなイメージ→スプリングタイプ
大人っぽく、落ち着いた、ゴージャスなイメージ→オータムタイプ
エレガント、女性らしい、爽やかなイメージ→サマータイプ
クール、都会的、カッコ良いイメージ→ウィンタータイプ

 

見られたいイメージから選ぶのも、イメージ作りになって楽しいですよね。

 

この4タイプグループは、各グループの中の色で上手なカラーコーディネートができます。

似合う色から選ぶパーソナルカラー。
なりたいイメージから選ぶカラータイプ。
どちらも大人の女性らしい色の使い方だと思います。


自分でイメージづくりを楽しんでいく、迷ったり、変化も受け入れていく、それが大人の女性のファッションの楽しみ方かもしれませんね。

 

秋は、ファッションが楽しめる季節。

「素敵」と感じる服は、自分を新しい場所へ連れていってくれますよ。

 

今月まで、コラムをお読みいただきありがとうございました。

皆様のイメージづくりの参考にしていただけるかな、と今の自分の悩みなどを振り返りながら書いてきました。

少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

 

《このコラムの前の回を読む

 

竹内 美香 さん jm_takeuchi_3

カラースクールA-color主宰。百貨店、ホテルなど企業のカラー研修、個人向けカラースクールを行う企業に勤務後、独立。

似合う色、色彩心理、カラーセラピー、ディスプレイなど「色」の効果の多方面で活用するセミナー、講座を開催している。

あわせてイメージコンサルタントとして、「似合う色、似合うデザイン」を意識した大人の洋服を選びをサポートしている。

ホームページ

カラースクールA-color