皆様はじめまして。美肌社長 庭 彩禾(にわ さいか)と申します。

私は美容の仕事を始めて24年、『カルマージュ』という化粧品ブランドを立ち上げて14年が経ちます。

このコラムではとことん“美肌”にこだわる私が、これまでに実際に見てきたこと、体感したことや美肌になるための私流のノウハウをお伝えしていきたいと思います。

 

いつまでも美しい素肌でいたい。
女性ならその願望は誰にでもあると思いますが、
「私の肌はこんなもんじゃないかな・・・」

なんてあきらめている人も多いのでは?

でも大丈夫。
私のお客様で80才から本格的にスキンケアを始めて、美肌になられた方もいるのです。
40代、まだまだ若い!お手入れ次第で簡単に美肌に戻れます。

 

さて、第一回目にお話ししたいテーマは
「自分の素肌の性質を知る」
です。

 

jm_niwa_20151030_1女性は成長していく過程でいつの間にかスキンケア方法を覚え、自分なりのお手入れをしています。
それが本当に自分に合っているのか、正しいのか、間違っているのか?
雑誌や美容関連の本などで今は情報だけはたくさん入ってきます。けれど結局、一番慣れたお手入れに戻ってしまうのではないでしょうか。

スキンケアも大事なのですが、もっとも重要なことは、まず、自分の肌コンディションを知ることです。

 

彩禾流良い肌コンディション3つの条件とは、

 

①肌全体にツヤと潤いがある
②血色が良くキメが整っている
③ハリと弾力がある

 

です。

 

まずは、簡単にできる肌コンディションチェックをしてみましょう。

 

 

●カンタン肌コンディションチェック

 

親指と人差し指で小鼻を軽く挟んでみます。(洗濯ばさみで小鼻を挟むような要領)

 

①指にあたる感触が硬い
②指にあたる感触が柔らかい(赤ちゃんみたいに)

 

①の方

皮ふに厚みがあり、毛穴が目立つ。乾燥気味な方に多いです。

肌コンディションはあまり良い方ではありません。スキンケア法の見直しが必要でしょう。

 

②の方

キメ細やかでハリのある肌です。

自分の肌コンディションに合う、丁寧なケアをされてきたのでしょう。あとはそれを維持するのみです。
ただ、加齢と共に老化してしまうので、年齢に合うケアを続けることをオススメします。

 

 

●肌質について

 

肌質には、3つの種類があります。

*普通肌  水分脂分のバランスが良い
*脂性肌  水分は標準で脂分が多い
*乾燥肌  脂分は標準で水分が少ない

 

「4種類ではないの? 混合肌は?」と思った人もいますよね?

混合肌は見た目判断の状態で、普通肌(あるいは乾燥)部分と脂っぽい部分がある。ということ。
Tゾーン(おでこと鼻)が脂っぽいから混合肌。
でも実は、それが違うのです。
日本人のほとんどは「乾燥肌」なのです。
乾燥しているから皮脂が目立っているだけ。
鼻がテカるのは、皮脂を取り過ぎているから。

 

人間の身体の機能には、元に戻そうとする自己回復能力があります。
皮脂を取ると、皮脂線ちゃんが、「あ!またふき取られてしまった!出さなくちゃ~!」と感知して、またテカテカになってしまうのです。

それを再びふき取る⇒出る⇒ふき取る⇒出る、、、悪循環・・・

脂分の膜がなくなると水分が蒸発し、乾燥してゆきます。
それが小鼻が硬くなる原因のひとつです。

 

ではどうしたらよいのか?

 

「皮脂と水分バランスを整える」

ことがポイントになります。
次回、詳しくお話ししたいと思います。

 

このコラムの次の回を読む》

 

彩禾 さん jm_niwa_niwa

有限会社アールキュービック 代表取締役

1991年より美容家として正しいスキンケア、メイクアップの指導にあたる。 2001年会社設立後、今までの経験を元に「シンプルなケアで美肌を保てる化粧品創り」をコンセプトに、オリジナルブランド『カルマージュ』を開発、プロデュース。 お客様のスキンタイプを的確に判断し、誠実なアドバイスで美肌へと導いている。 全国各地のファンから長年にわたりカルマージュ化粧品の美肌効果を信頼されている。

2011年より、スキンケアの大切さを知っていただくためのイベント『お化粧ビュッフェ』を定期的に開催。


ブログ『美肌社長がつづるコスメ開発の日々』

 

アールキュービック ホームページ