皆様こんにちは。美肌社長 庭 彩禾(にわ さいか)です。

冬から春の季節の変わり目は、気温差、花粉、環境の変化や精神的による疲れ、、など
肌のストレスになる要因が多く、肌荒れに悩む季節でもあります。

 

これらの悩みを最小限に抑えるには、常日頃から美肌を作るための環境を整えることが大切です。

美肌を保つために良い環境とは・・・


・澄んだ空気、
・ミネラル豊富な質の良い水が飲める、
・質の良い新鮮な食材が常に身近にある、
・ノンストレスな日常。

 

ですが、これらの条件をパーフェクトに満たす方がどれだけいるでしょうか?

 

これを満たす山郷に移住した私の友人は、お肌も髪もツヤツヤです。
万人が田舎の環境に向いているとは思いませんが、自然に恵まれた環境は美肌作りのベースになる。
と、私は思っています。

 

条件を満たせない環境にいる場合(私もそうですが)、自分の肌に合う質の良い化粧品を選んでスキンケアすること。
これが美肌維持の基本となります。

 

彩禾流・質の良い化粧品選びとは?

<毎日の継続により、穏やかに、ゆるやかに、健やかな肌を維持できるもの>

を選ぶ、ということ。

 

jm_niwa_20160330_1肌トラブルを抱えている時は即効性を求めたくなりますが、「急がば回れ」の気持ちが大切。
1度痛めた肌を戻すには時間がかかります。
地道にコツコツその時の状況に合ったスキンケアを継続することが、美肌への近道なのです。

 

今や化粧品の情報も豊富になり、パッケージに書かれている成分を見ながら選ぶことができる方が増えてきました。

ですが一番大切なことは、現状の肌コンディション(コラム1参照)を知った上で化粧品を選ぶこと。

自分の肌コンディションや悩みに応じて、必要となる成分を判断するのが賢い選び方です。

 

代表的な悩み肌と悩み別化粧品の選び方
1カサカサ乾燥肌・・・保湿力の高いもの(ヒアルロン酸、トレハロース、スクワランなど)
2シワやたるみ肌・・・老化から守る機能があるもの(コラーゲン・ビタミンA、E・イソフラボンなど)
3吹き出物トラブル肌・・・抗炎症・沈静機能が高いもの(ビタミンC・ヒノキチオール・ローズマリーなど)

この3つのうち、一番の悩みから解消してゆくと、いつの間にか全ての悩みがなくなってゆくのです。


そしてスキンケアで大切なことは「肌を守ること」

最近では何も塗らない美容法もありますが、それは健康肌で普通の状態であることが前提です。
紫外線に弱い肌、極度の乾燥肌、炎症しやすい肌など、トラブルを抱えている時は外気と肌の間にベールを作ること。
つまりUV対策を怠らない。
守って潤いを逃さないことで、次へのステップに進めます。

 

成分表示ばかりにとらわれて、化粧品を使う本来の目的を見失わぬよう、自分のお肌の現状を見極める力をつけてください。
見極め方が分からない方は好きな美容の専門家を参考にするか、身近にいる美肌のお友達に尋ねてみるのも良いでしょう。解決の糸口が見つかるかもしれません。
私も美肌社長として美容家のひとりですので、お気軽にご質問くださいね。

 

庭 彩禾さんに聞きたい!相談したい!

庭 彩禾さんへお仕事のご相談・お問い合わせのメールを送ることができます。ご利用はお気軽にどうぞ。(内容により、ご返答できかねる場合がございますのでご容赦ください)

すべて必須項目です。

お名前

※公表はされませんので本名をご記入ください。

お住まいの都道府県

メールアドレス

お問い合わせ内容

 

※このコラムは今回が最終回となります。ご愛読ありがとうございました。

 

《このコラムの前の回を読む

 

庭 彩禾 さん jm_niwa_niwa

有限会社アールキュービック 代表取締役

1991年より美容家として正しいスキンケア、メイクアップの指導にあたる。 2001年会社設立後、今までの経験を元に「シンプルなケアで美肌を保てる化粧品創り」をコンセプトに、オリジナルブランド『カルマージュ』を開発、プロデュース。 お客様のスキンタイプを的確に判断し、誠実なアドバイスで美肌へと導いている。 全国各地のファンから長年にわたりカルマージュ化粧品の美肌効果を信頼されている。

2011年より、スキンケアの大切さを知っていただくためのイベント『お化粧ビュッフェ』を定期的に開催。

 

ブログ『美肌社長がつづるコスメ開発の日々』

 

アールキュービック ホームページ