みなさん、こんにちは。

今回から始まったこのコラム、「オトコが勝手につぶやく 魅力的40代女性像」はそのタイトル通り、魅力的な40代女性とはどんな人なのか、について男目線で勝手につぶやく内容となっています。

 

いや、わかってます。

「男の目なんて、別に気にして生きてないし」

ですよね?

 

でもまあ、ひとつの参考ぐらいにはなるのではないかということで、勝手につぶやいていきたいと思います。

 

第一回目のテーマは、「40代女性を好む男の習性」

40代女性が、男からどんな存在として見られているのかを書いてみようと思います。

 

世の中には、「40代女性が好き」という男達がいます。

その種類を大別すると、以下のようになります。

 

(A)不倫相手がほしい既婚オトコ

(B)憧れのまなざしで見つめてくる年下オトコ

(C)再婚志望のバツイチオトコ

(D)結婚する気のない独身貴族オトコ

(E)結婚したいピュアオトコ

 

ではそれぞれの傾向と対策、見てみましょう。

 

 

(A)不倫相手がほしい既婚オトコ

jm_otoko_20160715このタイプのオトコにとって40代女性は、大人らしさと女らしさがほどよくミックスされた、魅惑的な存在として見られています。

 

独身であればそれに、「独り身で寂しいに違いない」という一方的な思い込みが加わるので、不倫するには絶好の相手ということになります。

 

20代女性と違って40代女性には、癒し・落ち着き・艶っぽさを求めがちです。

ですがそれは一時の事。40代女性を結婚対象とすることは無いので、離婚はしません。

 

既婚オトコの場合、意外と女の扱いが上手だったりします。その調子で優しく言い寄ってきたりしますので、どんなに精神的に参っていても、そんなアプローチに流されてはいけません。

 

ただし、目や舌の肥えた40代女性を相手にしようとするオトコは、リッチな時間を提供してくれる可能性もあります。

ですので、

 

・深入りしない自信がある

・「結婚して」なんて追いすがるオンナにはならない自信がある

 

というドライな人であれば、受け入れるのもアリかもしれません。

あくまで、ケガしない程度に。

 

 

(B)憧れのまなざしで見つめてくる年下オトコ

jm_otoko_20160715_2身なりもきれいで、余裕もあって、テキパキと仕事をこなす大人の女性。

そんな女性に憧れを抱く年下オトコは少なくありません。

 

年下オトコとつきあうことは、自分の世界を広げることや、若い感覚を共有して自分も若くいられるという面ではメリットがあります。

 

その反面、「その年下オトコのお姉さんが自分より年下だった」とか、「一緒に歩いている姿はまるで姉と弟のよう」といったことで、自分の年齢を余計に痛感させられてしまう場面もあります。

 

また年下オトコの傾向として、

 

・いちいち不器用

・依存心が強くなる

 

といったことで、自分が母親のようになってしまうケースや、

想いを一心にぶつけてくるあまり、距離感が近くてうっとうしく感じる

といったこともありえるので、自分が心地よくいられるための教育をしていく必要が生じます。

寛大な気持ちを持ったアナタになら、ふさわしい相手です。

 

 

(C)再婚志望のバツイチオトコ

jm_otoko_20160715_3結婚相談所の傾向を見ていると、特に40代女性に対しては、再婚志望のバツイチオトコからのお見合い申し込みが多く寄せられます。

 

彼らは一度(もしくは二度三度)結婚生活を経験しているため、「結婚はゴールではなく、スタートである」ということを実感しています。

そのため、「二度と離婚しないように慎重に相手の中身を見極める」ことをしますので、そういったオトコに見初められるのは、アナタに人間的魅了がある証となります。

 

相手に子供がいる場合、あらためて子供を欲しがらない可能性も高いので、アナタの身体的・精神的負担は軽くなるかもしれません。

 

ただし相手が子供がいる場合、アナタはいきなり母親にさせられてしまう可能性もあります。

また、なにかにつけて前の奥さんと比較してくるオトコもいるかもしれません。

 

結婚経験はあっても、改めて一から結婚生活を組み立てていく気持ちを持ったオトコなら、悪くないかもしれません。

 

 

(D)結婚する気のない独身貴族オトコ

jm_otoko_20160715_4結婚しない女性が増えるということは、結婚しないオトコも増えるということ。

大手広告代理店ではこれらを「ソロ男」なんて名付けております。

 

理由はどうあれ結婚したくないオトコなので、同じく「結婚なんてしたくない」というアナタには最適なパートナーです。

 

ただし自分の世界を持っているオトコなので(というか、お互いに)、つきあっていくうちに二人でいる意味や、つきあっているんだかどうだかよくわからない、という状況に陥ることがあり得ます。

 

 

(E)結婚したいピュアオトコ

jm_otoko_20160715_5「どうしても結婚したいの」

そんなアナタが選ぶべきは、このタイプ。

これまで結婚したことのない、独身プロパーのオトコです。

 

積極的に婚活をしていますので、アナタが一歩踏み出せば出会うことができる人種です。

 

ただしこのタイプ、(C)と違って、結婚に対する夢を抱いている可能性が高いです。

 

また考え方が古風で、「結婚したら子供をつくるのが普通」と考えていますので、必然的に40代女性は選ばれにくいです。

 

子供軸ではなく、二人の将来軸でうまくプレゼンができれば、なびいてくれるかもしれません。

 

独身のアラフォー・40代女性の周りには、ラブトラップがいっぱい隠れています。

どの道を選ぶと自分が幸せになれるのかを常に見極めながら、変な罠に引っかからないように歩いていきましょう。