みなさんこんにちは。

一年で一番過ごしやすい時期になりました。

ヘルパー職として毎日高齢者と過ごしていると花の名前や咲く時期に詳しくなります。

介護施設では「外気浴」という時間があり、みんなで散歩に出かけます。

歩けない方も多いので、車椅子に乗ってもらい職員がお連れします。 今回はそんな車椅子とおむつのお話しです。

 

高齢になると筋力が低下し、日常動作を行うことも一苦労になります。

私たちが無意識で行う動作、例えば「寝転んだ状態から起き上がる」「風呂場で滑らず湯船に入る」等々も、介護が始まれば家族が手助けをしなければならず、体の負担は大きくなります。

介護用品は介護される本人ばかりでなく、介護を行う家族の負担も軽減させてくれます。

 

介護用品と言って最初に思い浮かぶのが、車椅子だと思います。

ただ実際には車椅子といってもいろいろな種類があり、用途や身体の状況によって使い分けるものなので、価格を一括りにすることは出来ません。

 

【代表的な車椅子】

・自走用車椅子・・・自分で操作するタイプ 15,000円位~

・介助用車椅子・・・自走用よりコンパクト。タイヤの径が小さく軽い 22,000円位~

・電動車椅子・・・・・ハンドルやジョイスティクレバーがついて操作する、モーター付車椅子 400,000円位~

他にも入浴用車椅子や、普通の車椅子では体を保持出来ない方様にリクライニング機能の付いた車椅子もあります。

 

介護は終わりの見えないマラソンの様なものです。最終的なゴールは“その方がお亡くなりになる”ことですが、それまでどのくらいの期間があるのかは読めません。

要介護状態からの平均的な介護期間は5年位と言われますが、当然介護が必要になった年齢や症状により進行も違います。

そこで知っておいて頂きたいことは、介護用品の多くはレンタル出来るということです。

介護度によって異なりますが、車椅子や介護用ベッドは要介護2からレンタル出来ます。

例えば介護用車椅子ですと月額500円程度から、ベッドも機能により異なりますが600円程度から借りることができます。

 

逆にレンタルが出来ず、買い取りになってしまう用品もあります。

簡易トイレや風呂場のシャワーチェア等、衛生面や消耗品等が該当します。

負担が大きいと思われるかもしれませんが、介護保険の適用を受けられるならば1割負担で購入出来ます。

 

そして介護と言えば、避けては通れないのが下のお世話です。

ご本人の自覚があり、軽い尿失禁程度ですとパンツの中にパットを入れてもらい対応します。

こういうケースではご自身が気にされていることが多く、尊厳の問題もあるので、私の場合は最低限のケアにとどめ、「○○さん、トイレ大丈夫?」程度のお声掛けをするようにしています。

 

これに対して認知症が進行している方には、積極的にトイレを促しお連れします。

ご自分が一日何回トイレに行かれるか、数えたことがある方いらっしゃいますか?

成人の平均は1回に200~400ml、1日に1ℓ~1.5ℓ、4回~8回程度と言われております。

トイレにお連れしないとどうなるか? その場で失禁されたり、おむつが吸収限界量を超えてズボンまで滲みることになります。

また立ち上がりや着席の際、入浴で体が緩んでいる時などに便失禁してしまうケースもあります。

 

私も試しにおむつを履いたことがありますが、吸収性が良いとはいえ交換していないおむつは気持ちが悪いものです。

放っておいたら被れてしまうし、何より臭ってしまいます。マメにトイレ、おむつ交換が基本になります。

 

ドラッグストアーなどで一般的に売られているおとなようおむつは、1枚あたり70円~130円位です(一般的なパンツタイプの場合)

金額差は吸収量やサイズの違いです。

これを毎日何回も交換していたら大変な出費ですよね?

そこで併用するのは尿とりパッドです。これは1枚あたり20円~40円位ですのでマメに交換が出来ます。

介護状態によって必要になってくる用品は色々ありますが、ADL(日常生活動作。食事や排泄、整容、移動、入浴等の基本的な行動を指す)を中心に必要な物をリストアップしてゆき、毎月のコストを割り出してみて下さい。

 

また、大人用おむつは医療費控除の対象となります。

(ただし商品によっては、控除の対象外となるおむつもあります)

商品パッケージにある「(社)日本衛生材料工業連合会のガイドラインに基づく表示」という欄に、「品名:大人用紙おむつ」と書いてあれば、おむつ、尿とりパッド、軽失禁パッドすべて医療費控除の対象となりますので確認してみてください。

大切なことは医師が発行した「おむつ使用証明書」と領収書を残しておくことです。

面倒に思われるかもしれませんが、毎日使う物ですので積極的に控除を受けられることをお勧めします。

 

お住まいの自治体によってはおむつの助成制度を設けられている場合があります。

• 市区町村(保険者)があらかじめ指定したおむつを、配達する形で支給する「現物支給方式」

• 金券代わりのチケットを支給し、あらかじめ指定された店でご利用者様が自ら選んで購入する「チケット方式」

• 好きな銘柄を自由に購入して後日、市区町村に代金を還付してもらう「償還払い方式」

助成制度も種類がありますので、役所の介護福祉課に確認してみて下さい。

 

吉田 要 さん koro_yoshida_2

獨協大学経済学部経営学科卒業 ファイナンシャルプランナー(AFP)
平成25年6月より介護マネーに特化したファイナンシャルプランナー事務所 レイズコンサルティング株式会社を開設。また東京都江東区内にてデイサービスホーム(通所介護施設)も運営し、実際の介護の現場にて多くの高齢者の方々の 介護援助も行っている。