みなさん、こんにちは。
POLE・STAR株式会社の佐久間 理央と申します。

私は約10年間にわたって、父の介護をしていました。

その経験の中で浮かんだ

「介護される人のサポートは世の中にたくさんあるのに、介護する側のサポートはなぜないんだろう?」
そんな思いから、キャリア(人生)とケア(介護)をキーワードに、親の介護をしている方へ、仕事を辞めずに介護を続けるための知識とメンタルのサポートを行っています。

 

さて唐突ですが、

① 『3億9500万』
② 『25%』
これ、何の数字かわかりますか?

 

これはWHOが発表している、

①2050年までに80歳以上となる世界の人口

②2030年までの、日本における85歳以上の人口推定割合

です。

 

世界的に高齢化が進んでいますが、その中でも日本は特に高齢率が世界第一位で、最も高齢化が進んでいる国となります。
高齢化は、公衆衛生政策と社会経済発展の成功とも言える側面もありますが、社会が適応しなければならない様々な側面があることも事実です。

 

doppo世代の皆さんは、『親の介護』に関して何か準備をしていますか?

親の年齢が上がれば病気や高齢により、介護が必要になる割合が高まります。

必然的に、自分が年齢を重ねればその確率は高くなると言えます。

 

そこで知っておきたいのが、介護と仕事の両立についてです。
このコラムでは、介護離職を避け、自分の人生を大切にするための心得とノウハウをご紹介していきたいと思っています。
第1回目は、介護離職に関するデータを基に実態について書かせていただきます。

 

koro_sakuma_20160615_1総務省「労働力調査」によれば、過去5年間に介護・看護を理由に離職した人は48万7千人。

そのうち女性が38万9千人と、約8割を占めています。

過去1年以内(平成23年10月~24年9月)に介護・看護のため離職した人 は10万1千人。(平成24年9月の労働者人口6308万人)

こういった統計が厚生労働省、平成24年度仕事と介護の両立に関する実態把握のための調査研究事業報告書(平成24年度厚生労働省委託調査)から出されています。

働いている人の約15%が介護離職をし、そのうちの大半が女性であるということがわかります。

 

就労者・離職者別の役職をみると、離職者全体では「一般社員(役職なし)」が47.9%、次いで、「主任・課長補佐・係長クラス」が23.2%。

女性で離職した人では「一般社員(役職なし)」が66.7%です。

全回答者の就労者・離職者別の勤務形態をみると、離職者全体では「フルタイム」が87.5%、次いで、「フレックス」が6.5%。

女性で離職した人は「フルタイム」が 88.9%でした。

 

家族構成をみると、「母親」が『就労者』では 68.7%、『離職者』では79.2%。

「父親」は『就業者』では 49.5%、『離職者』では54.4%と、「母親」の方が多く見られます。

これは女性の平均寿命が86.8歳、男性が80.5歳と長生きな傾向があるので家族構成として母親が多く見られ、必然的に母親の介護をする確率が高いと言えます。
なお、『就労者』は『離職者』に比べ、兄弟や姉妹がいる割合が2.1~8.2%高いという特徴があります。

親の年齢(離職者は離職前の親の年齢)を見ると、「70~74 歳」「75~79 歳」「80~84 歳」がそれぞれ 2 割程度。
同居している家族についてみると、『就業者』では両親と同居している人が27.4%に対し、『離職者』では52.0%。

中央大学が2014年に行った調査では、現在介護をしている人が9.7%。今後5年間に介護をする可能性があると答えた人が86.7%いました。

 

今回は、doppo世代である働く女性に関するデータを中心に取り上げています。

これらのデータから見えるキーワードは『女性』『40歳以上』『フルタイム就業』『一人っ子』『(親が)70歳以上』『母親』『同居』ではないでしょうか。

 

ただし、当てはまらないから安心ということではありません。

自分に当てはまるキーワードが少ない方も、いくつも当てはまる方も、介護離職しないために、将来起こり得る介護について、できることから考えておくことをお勧めします。

 

次回は介護離職のデメリットについて書かせていただきます。

 

 

【参考】
内閣府 高齢化率 
総務省 労働力調査
総務省 「平成24年 就業構造基本調査」
厚生労働省 「平成24年度仕事と介護の両立に関する実態把握のための調査研究事業報告書」
中央大学 「介護の課題を抱える社員や 将来抱える可能性の高い社員に対する 支援のあり方 ~仕事と介護の両立に関する 2014 年調査~」

 

[あわせてチェック]

介護離職しないで、自分らしく生きる ~ 介護離職によって起こること

 

佐久間 理央 さん 20141020_sakuma
POLE・STAR株式会社 ディレクター
大正大学大学院人間研究科修士課程修了(社会福祉学)。
私立国際武道大学、社会福祉法人武蔵野療園、社会福祉法人渋谷区社会福祉協議会等を経て現在POLE・STAR株式会社を設立。
主に福祉や生活に関する相談、コンサルティングを行っている。

株式会社 POLE・STAR ホームページ