みなさん、こんにちは。
POLE・STAR株式会社の佐久間 理央です。

今回は、介護離職を避けるために考えておきたいことを書かせていただきます。

 

① 介護について情報収集をする
介護が必要になったときにどこを訪ねていけばいいか、介護をする地域での行政の担当部署や介護保険制度の利用について、何処に連絡すればいいか等、もしもの時に調べてあると慌てずに済みます。


② 親の意思を確認しておく(病気の治療に関して・施設入所・お金のかけ方等)
病気の治療が必要な時、手術はどうするのか、少しでも長く生きるための治療なのか、痛みなどの緩和治療なのか。

年齢や状態で施設入所を考えるのか。またどのくらいのお金をかけられるのかも重要です。


③ 親の年金・貯金等を把握する
年にどれくらいの収入があるのか、年金以外の収入があるのか、貯金等はどうか、ローンなどの借りいれはないか。

資産についてはきちんと把握しているのか、大事なことです。

死亡届を出すことで口座が凍結されることもあります。

再開は手続きが大変です。

お葬式の代金も講座の凍結により引き出せない場合も出てきます。


④ 自分の仕事、退職後、最後の時までのライフプランを考えておく
親のことだから、誰もいないから、仕方がない、と自分の人生をあきらめないでください。

もし、そうなったときにはどの程度自分が介護をするのか、公的なものも、民間の会社が提供しているものも含めてどの程度使うか。

自分の老後のことも考えて、進退を決めた方がいいです。

長い介護の中、年齢は親の介護をしているだけの日々でも確実に年齢は上がります。

 

koro_sakuma_20160815_1


⑤ 他の兄弟姉妹や親戚などとも介護・病気になったとき・死について話し合う
どのように看取りたいのか、介護が必要になったとき、どの程度介護に携われるのか、兄弟が数人いる場合は仕事の状況や子供たちの成長も含めて考えておくべきです。
また、施設は絶対に入れたくない等、言い張る兄弟姉妹もいるので、みんなで合意をしておいた方がいいと思います。


⑥ 親の死、そして自分の死についてきちんと考える
残念ながらどんなに手厚い介護をしても、人には死が訪れます。

どのように死を受け止めるのか、どうやって看取りたいのかを自分なりに覚悟を決めておいた方が、その時に慌てずに済みます。
また、自分の死についても、どう始末をつけていくのか親の死を通して考えてみることも大切なことです。


⑦ 自分を含め介護に携わる人と経済状況について話しておく
どの程度親の資産があって、現金はいくらぐらいあって、ほかの資産がどの程度あるのか。

また、みんなで出せるお金はあるのか、介護が必要になり一緒に暮らさなければならなくなったとき、どの程度協力できるのか、しっかりオープンにして話し合った方がいいです。

特にお金に関しては介護に使ったのに、使い込んだと争いになることも。


⑧ しない・できないことを考えておく
大事な親のためできることすべてしてあげたい、と思う方も少なくはないと思います。

しかし時間も金銭面にも限りがあるし、介護する側にも人生があります。

すべてをささげられない事実もあります。

介護状態にならなければわからないことの方が多いと思いますが、それでも、50パーセント程度の介護を目指し、完璧を目指さないことが長く続く可能性のある介護生活を続けるコツだと思います。

まず、介護のために仕事を辞めない!と思う頃が大切です!!

 

残念ながら生きとし生けるものには必ず最期の時が来ます。
これは親であれ、自分であれ同じことです。

そしてその最後の時はいつ来るのか、どのように来るのかわからないのです。
 
介護離職をしないための心得の話なのに、最期のこと?と思われるかもしれませんが、介護をするうえで、介護離職を考えるうえで最期をきちんと考えておくことはとても大事なことです。
介護をしているときはいつ終わるかわからないと思う介護状況であっても、たとえ一生懸命介護をしていても、介護が終わる時は必ず来ます。
その時に親の介護が生きがいとなっていたら、仕事を辞めて親の年金や貯金で暮らしていたら、その先にある自分の未来が絶望や悲しみでしかない状況になってしまうかもしれませんから。

 

【あわせてチェック】

介護離職しないで、自分らしく生きる ~ 介護離職によって起こること

介護離職しないで、自分らしく生きる ~ データで見る「介護離職」

 

佐久間 理央 さん 20141020_sakuma
POLE・STAR株式会社 ディレクター
大正大学大学院人間研究科修士課程修了(社会福祉学)。
私立国際武道大学、社会福祉法人武蔵野療園、社会福祉法人渋谷区社会福祉協議会等を経て現在POLE・STAR株式会社を設立。
主に福祉や生活に関する相談、コンサルティングを行っている。

株式会社 POLE・STAR ホームページ