みなさん、こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの渡辺です。

 

前回コラムで作っていただいたキャッシュフロー表でマイナスが続いた方、貯蓄が全然できていなかった方はもちろんですが、貯蓄ができていた方もさらに貯蓄額を増やすために、日々の家計の見直しをしてみましょう。


家計の内訳は人それぞれで異なりますが、今回は家計相談でありがちな見直しについてご紹介したいと思います。ご自分にあてはまると思ったら実行してみてください。

 

まずは、やりくり費から見ていきましょう。


一番メスを入れやすいのが食費です。
自炊している方は、買い物するときにメニューを決めてから買い物に行きましょう。

そして買い物するときは、メニューに必要なものだけを買うようにしましょう。

レシート分析をすると、まとめ買いでの値引きにつられ必要以上の量を買っている、特売につられて在庫があるのに買っているといったパターンがありがちです。


大きなスーパーで買い物したあとに、買い忘れがあるようでコンビニなどに寄り余計なものを買ってしまう方も多いですね。

買い物には買うものを書いたメモを持っていき、買い忘れて別の店に寄ることのないようにしましょう。


生協などを利用している方に多いのが、注文したことを忘れて重複して買ってしまい、在庫を増やしてしまうケースです。

生協では、重いお米や牛乳など、生協でしか買えない無添加食品など、普段の買い物では買えないものだけに利用するとよいでしょう。


女性の場合、甘いものをついつい買ってしまうことも多いですね。
買う回数を減らして、頑張った自分へのご褒美でたまに買うのもいいかもしれませんね。


次にメスが入るのは日用品です。
トイレットペーパーや洗剤の在庫が部屋にあふれていませんか?
安売りがあると在庫があるのに買ってしまう方、在庫は一つで良いのでは?

在庫がなくなったら買うようにしましょう。
食費や日用品などの買い物では、悪い癖を改めるだけでかなり改善できます。

 

ポイントをためるのが好きな方は、目的を持って貯めましょう。
Tポイント・dポイントなどいろいろありますが、バラバラに貯めるより、集中させた方が早く貯まりますよね。

どの店がどのポイントなのか調べて、貯めたいポイントのあるお店で買うといいですね。

 

fk_watanabe_20170228_1


クレジットカードの利用も同じです。

貯めたポイントを何に使いたいのかを考え、楽天の買い物に使いたいなら楽天ポイントに移行できるクレジットカード、旅行を楽しみたいならJALなどのマイレージに移行できるクレジットカードというように、目的にあったクレジットカードに使用を集中させましょう。


クレジットカードに関しては、保険料や水道光熱費や携帯電話代などのような固定支出をクレジットカード払いに変えることで、毎月ポイントを貯めることができます。貯まったポイントで買い物や旅行に行くことで、現金の支出を抑えることができ、その分を貯金にまわすことができますね。

 

日々の節約も大事ですが、一番大きく改善できるのは、住宅費・自動車費・保険料などです。
住宅ローンの借換えなども大きな効果があります。

借換えは単純に金利だけでなく、手続きにかかる諸費用を考慮しましょう。

金利の高いときに借りた方は、金利が下がっている今が借換えどきです。

何百万円も得した方がいらっしゃいました。


自動車は車種の変更でかなり変わりますね。

普通自動車から軽自動車に変えただけでも税金・車検代・保険料などが変わります。

また、駐車場代が安くなる場合もあります。

使う頻度が少ないのなら、レンタカーやカーシェアの利用でも十分ですね。


保険料の場合、女性で多いのが医療保障やガン保障の重複加入です。

もちろん重複して加入していれば両方からもらえますが、必要な保障なのか不足している保障はないのかなどを確認し、本当に必要なものだけにすると安くすることができます。

「〇年ごとに給付金がもらえるまず」「何歳でそれまで払った保険料が戻ってきます」といった保険を女性は好む方が多いですが、その分保険料が上乗せになっていますので、掛け捨てタイプのものに変更し、その上乗せ分を貯蓄にまわすということもできますね。

 

一般的な家計の見直しパターンを書きましたが、ご自分にあてはまることはありましたか?
あてはまった方は、できそうなことから始めていき、貯蓄可能額をできるだけ多く捻出してみてください。
次回は、その捻出した貯蓄可能額をどのように活用していくかについて考えていきます。

 

【あわせてチェック】

あなたの老後は大丈夫? 40代から始める賢いマネー術 ~ お金の流れを把握してみよう

あなたの老後は大丈夫? 40代から始める賢いマネー術 ~自分がいくら年金をもらえるか、わかりますか?

あなたの老後は大丈夫? 40代から始める賢いマネー術 ~苦手でも、年金制度の仕組みは知っておいて~

 

渡辺 美智代 さん

tk_20161015_watanabe

 

オフィスまみぃ代表

保険会社勤務を経て、平成26年にオフィスまみぃを開設。

独立系ファイナンシャルプランナーとして、家計・保険・不動産・税金・資産運用・相続・介護などの幅広い分野に対応。

また弁護士・税理士・行政書士・社会保険労務士などとも連携し、ライフプラン全般に渡るワンストップサービスを提供している。

 

ホームページ

オフィスまみぃ