みなさん、こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの渡辺です。

 

連載コラムを読んでいただき、ありがとうございます。
今回はQ&A第1弾「貯められる習慣を身につけるためのQ&A」です。
家計相談でよくあるQ&Aをまとめてみました。

 

fk_watanabe_20170515_2

 

Q1:

家計簿つけが続きません。計算があわないとイライラしてストレスになってしまいます。簡単にできる家計管理はありませんか?


A1:

家計簿はつけてからといって家計管理ができているわけではありません。

お金の流れだけをつかんで、現金管理するものだけ管理するとよいですね。

fk_watanabe_20170515_1

 

※食費は週単位で、米代・調味料代・日用品費等は月単位で、袋分け等をして管理すると使いすぎを抑えることができます。

 

 

Q2:

お財布の中がポイントカードやクレジットカードでギューギューです。どうしたらいいですか?


A2:

まずはカードの使用頻度を考えてみましょう。
ポイントカードもそうですが、クレジットカードもポイント目的で使用している方が多いです。

ですから、どのポイントを何のためにためるのか考えましょう。


楽天で買い物したいのか、マイレージで旅行をしたいのか、ギフトカードがほしいのかなどの目的を明確にし、そのためにポイントをためる。
また、どの店がどのポイントカードを使えるのかを知っておくことも重要ですね。
TポイントためてのWAON支払いができるなどのダブルポイント技が使えるお店もありますね。


有効期限のチェックも必要です。

あまり行かないお店はいつの間にかポイントの有効期限が過ぎて、消滅している場合があります。


このように考え、必要なカードだけを持ち歩くようにすれば、お財布の中はすっきりします。


ここで注意が必要なのが、クレジットカードの枚数です。
クレジットカード機能がついたカードの方がポイント2倍・サービスが良いなどの理由でどんどんクレジット機能付きカードを作る方がいますが、カードの枚数で住宅ローンが通らなかったケースがありましたので、注意が必要です。


クレジットのショッピング枠が50万円あるカードが10枚あったら、実際に使用していなくても500万円の枠があると計算され、他のローンが通らなかったり減額されたりすることがあります。
1度も使っていないものや年に数回しか使わないもの、他のカードで代用できるものは解約しておきましょう。

 

 

Q3:

買い物に行くたびに余計なものを買ってしまい反省。余計なものを買わずにすむ買物方法はありますか?

 

A3:

買い物に行くたびに余計なものを買ってしまっている方は、お店の作戦にのってしまっていますね。
お店は心理作戦で、買いたくなる配置やPOPを考えています。


5個買うと1個サービス!・・・本当にそんなに必要?
本日限りの特価!・・・それ家の冷蔵庫にない?
1番選ばれています!・・・自分が良いと思えるもの?
レジ横の和菓子・・・買う予定ではなかったんじゃない?


お店には誘惑がいっぱいあります。
買い物に行く前には、今日買うものをメモし、メモ以外のものは買わないようにしましょう。
買い物の回数もできるだけ減らし、いくつものお店に入らないようにしましょう。


日頃からの在庫チェックも重要です。

安いからと余計な数を買わないで、不足している数だけ買いましょう。
自分だけの買い物ルールを作って守るといいですね。

 

貯められる習慣は、日々の生活の中にあります。

お金の流れをシステム化して、買い物のやり方を意識して変えることで、貯められる習慣ができてきます。
イライラしないで楽しく家計管理をしていきましょう。

 

次回は、Q&A第2弾「老後を楽しむためのQ&A」です。
質問・疑問を募集中です!!

 

【あわせてチェック】

あなたの老後は大丈夫? 40代から始める賢いマネー術 ~ 貯蓄が困難になったときには?

あなたの老後は大丈夫? 40代から始める賢いマネー術 ~ 資産運用の原則は「分散投資」

あなたの老後は大丈夫? 40代から始める賢いマネー術 ~ 老後の資産作りを考えてみる

 

渡辺 美智代 さん

tk_20161015_watanabe

 

オフィスまみぃ代表

保険会社勤務を経て、平成26年にオフィスまみぃを開設。

独立系ファイナンシャルプランナーとして、家計・保険・不動産・税金・資産運用・相続・介護などの幅広い分野に対応。

また弁護士・税理士・行政書士・社会保険労務士などとも連携し、ライフプラン全般に渡るワンストップサービスを提供している。

 

ホームページ

オフィスまみぃ