こんにちは、司法書士の鶴見です。

相続財産がマイナス財産しかない場合、相続することにより借金を背負うことになってしまいます。

マイナス財産しかない場合、相続したくないと考える方もいると思います。

では、どうすれば相続で借金を背負わなくてすむのか。


「相続放棄」という言葉を聞いたことがあるかと思います。
相続する権利を放棄し、遺産の一切を相続しないという手続です。
そこで、今回は、相続放棄についてお話をしたいと思います。

 

●相続放棄と限定承認


相続が発生したからといって、必ず遺産を相続しなければならないということではありません。
相続があったことを知ってから3ヵ月以内に、相続するのか、放棄するのかを決めることができるのです。

たとえば、遺産の確定をしたところ、遺産が借金しかない場合や、プラス財産よりもマイナス財産のほうが多い場合に、相続放棄や限定承認という方法があります。

 

限定承認

相続財産のうち、プラス財産とマイナス財産の両方を相続しますが、マイナス財産は、プラス財産で返すことのできる限度で相続する方法

 

相続放棄

プラス財産もマイナス財産も相続したくない場合に、相続放棄をすることにより、初めから相続人ではなかったことにする方法

 

限定承認も相続放棄も、相続があったことを知ってから3ヵ月以内に家庭裁判所への申述が必要になります。

相続人の間で限定承認や相続放棄の意思表示をしただけでは、効力がありません。
また限定承認の場合は相続人全員で行わなければなりません。複数の相続人のうち1人だけ限定承認をすることはできません。全員でする必要があります。
相続放棄については、各相続人ごとにすることが可能です。


●相続放棄の撤回


相続放棄や限定承認は、裁判所へ申述書を提出し受理されることにより認められる手続きです。

申述後、受理前であれば取下げは可能ですが、一度受理されてしまうと取消しをすることができません。
詐欺や脅迫によって相続放棄等をさせられた場合などは、例外的に取り消すことができます。


●相続放棄と遺産分割


第2回で触れました遺産分割協議において相続財産をもらわなかったことで、相続放棄をしたと思われている方が多くいますが、それでは法的な効力はありません。

遺産分割協議は原則、プラス財産をどのように分けるかを、相続人全員の話し合いによって決める手続きです。

期間の定めはありませんし、家庭裁判所の手続きも必要ありません。

 ですが仮に遺産分割協議によってプラス財産を相続しなかったとしても、マイナス財産については相続することになってしまいます。

遺産分割協議でマイナス財産を相続しないと決めても、債権者の同意がなければ効力はなく、後で借金の請求がくる可能性があるということになります。

もし相続放棄(プラスもマイナスも相続しない)の意志がある場合には、きちんと家庭裁判所に届け出をしてください。

 

【ご相談者からよくいただくご質問】
Q.相続が発生する前に、相続放棄しておくことはできるの?
A.相続が発生する前に、相続放棄をすることはできません。実際に相続が発生しなければ、だれが相続人でどの財産が相続財産か確定しないためです。
ただ、第1回Q&Aで触れました遺留分については、家庭裁判所の許可を得て、相続開始前に放棄することができます。


相続手続きは複雑ですので、疑問点がありましたら弁護士、税理士、司法書士等専門家にご相談していただくと安心です。
今回で、相続コラムは最終回となります。これまでお読みいただきありがとうございました。

 

鶴見 英司 さん yuigon_tsurumi

鶴見司法書士事務所 代表

内装職人を経て、27歳から司法書士を目指し勉強を始める。平成22年度司法書士試験合格後、都内の司法書士事務所に勤務。不動産登記業務を中心に、商業登記、相続登記等の登記業務を数多く担当する。 平成25年6月、鶴見司法書士事務所を開業。

 

『鶴見司法書士事務所』ホームページ