こんにちは、井上 麻佐子です。
前回のコラムでは、「カントリーハウス」を取り上げ、イギリス貴族たちの暮らしの歴史を見てみました。

今でもカントリーハウスに暮らす貴族たちは一体、どんな生活をしているのでしょうか。

彼らの夏の社交の中から、今回は「ロイヤルアスコット競馬」をご紹介します。

 

ls_inoue_20161015_1

 

5月、チェルシーフラワーショーから始まる「ザ・シーズン」と言われる季節がやってくると、テニスのウィンブルドン選手権、全英オープンゴルフ、ヘンリー ロイヤル レガッタなど、たくさんのアウトドア行事が目白押しとなります。

そんな中でも夏の社交の最高峰とも言われるのが、「ロイヤルアスコット競馬」です。

6月の第3火曜日から続く5日間、エリザベス女王とロイヤルファミリーはウィンザー城から毎日、馬車で登場され、競馬観戦を楽しまれます。

 

ls_inoue_20161015_2

観戦場所は、「ロイヤルエンクロージャー」、今年から呼び名の変わった「クィーン アン エンクロージャー」、「ウィンザー エンクロージャー」の3つのエリアに分かれており、私たちは今年、「ロイヤルエンクロージャー」と言われる、王室の次のエンクロージャーで観戦しました。

 

ls_inoue_20161015_3

 

こちらのエリアは上流階級の社交の場とあり、ドレスコードもとても厳しいものです。

男性は、モーニングにトップハット(シルクハット)。

女性は、ナショナルドレス(日本人の場合は、もちろん、着物)を除き、洋装の場合は、顔が覆われるくらいの大きな帽子に、肩の部分は4cm以上の幅がありミニではないドレスでなくてはならない、ミュールはふさわしくないなど、こと細かな指定があります。

そしてそれを守れなければ、入れてくれないほどの徹底ぶりです。

 

また男性は、室内ではトップハットを脱ぐ、観戦の時には必ず着用(室内に忘れてきたら、取りに帰るように促される)、パレードでロイヤルファミリーの馬車がお通りになる時には帽子とるなど、マナーにも厳しく、観戦するにも大忙しですが、皆様とてもさりげなく、さらりと振舞われている姿に、ある意味「脱帽」!です。
ちなみに、このトップハット、代々使われている証に、少し、年季が入って、よれっとしている方がステイタスなのだそう。 確かに、かなり年季の入ったシルクハットをお見受けしました。笑

 

ls_inoue_20161015_4

さて、競馬の勝負に興じながらも、レースが進むにつれて、お酒も進み、ご機嫌な紳士淑女の笑い声が次第に大きくなっていきます。
この夏の時期、外で楽しむお酒といえば、「ピムス」です。

 

ls_inoue_20161015_5

ピムスは、ジンベースの混合酒で、これを炭酸で割ります。
そこに夏のフルーツやハーブ(ミント)などを入れるのですが、特徴的なのはキューリが入っていること。
なんともイギリス的ですね。
サンドイッチも、キューカンバーサンドイッチは、欠かせないものですから。

 

この少し苦味のあるスッキリテイストのピムス、ウィンブルドンのテニスの試合では、大会期間中に20万杯も飲まれるとか。

日本ではあまり馴染みはありませんが、それだけ国民に愛されているお酒なのですね!

 

ロイヤルアスコットに話は戻り、武豊騎手なども登場する6レースが終わると、観戦者はエントランスに大集合し、バンド演奏に合わせてみんなで10曲以上の歌を大合唱し、楽しかった長い1日が過ぎていきます。

夜にはロンドン市内でも、大きなお帽子の女性やモーニングのまま夜に突入した男性の姿を見つけることができます。

 

ls_inoue_20161015_6

 

広大な土地を所有し、何十ものお部屋のある立派な館に住む貴族たち。

そう書くと歴史の中の登場人物のように思えますが、そういう人たちが自分たちの持ち物の維持に四苦八苦しながらも、今なお社交を大切に伝統を守りながら、次の代に歴史をつないでいることに、私はいつも不思議な感覚を覚えます。

 

※本コラムは今回が最終回となります。ご愛読ありがとうございました。

 

[あわせてチェック]

アナタの毎日に「アート オブ リビング」を(5)

アナタの毎日に「アート オブ リビング」を(4)

アナタの毎日に「アート オブ リビング」を(3)

 

井上 麻佐子 さん ls_inoue

慶應義塾大学 経済学部卒業後、外資系金融業界を経て、イギリス在住時、装飾と生活芸術の世界と出会う。
1998年より、ヨーロッパ上流社会の生活の中での芸術、文化、習慣を学ぶ。
帰国後、花装飾の仕事に携わるとともに、2009年より、The Art of Livingの講座、講演、メディア出演 および、執筆活動を行う。
旅行に行ったり、映画を見たり、絵画を鑑賞したりする、現在に生きる私たちの楽しみが、より深くなる、楽しいヨーロッパの歴史、習慣をわかりやすく紹介。
2014年、2015年と、講座受講者とともに行く、「イングランド、スコットランドのツアー」を開催している。
2008年12月より 株式会社ザ・ブーケ 代表取締役 
現在、白金台にて講座開催。

これまでの講座、講演:
出演 
・ NHKラジオ第1  2013年〜2015年 「ごごまり」レギュラー出演 
〜暮らしに華を〜担当:毎回、ヨーロッパの伝統文化、習慣などを生放送で解説。
・スカイパーフェクトチャンネル シアターTV

 

連載 
・プリティープリザーブド(草土出版) The Art of Living ~ヨーロッパの貴婦人たち〜 
・MY GENERATION アーティストの花

 

講演活動 
三菱地所レジデンスイベント、大丸エリアマネジメントイベント、ロータリークラブ、ゴトウ花店イベント、サンタマリア ノッヴェーラ 他多数

 

ホームページ

株式会社ザ・ブーケ