気づくといつの間にか、恋愛がご無沙汰。

「しばらく恋してないなぁ・・・」

「恋愛の仕方、忘れちゃったよ」

なんて、ついつぶやいていませんか?

 

私たち世代になると、仕事や趣味の幅も広がって、昔ほど“恋愛偏重”ではない心持ちになる人も増えてきます。

 

でもやっぱり、できれば恋はしたいもの。

結婚するかどうかはともかく、好きな人がいる生活は、私たちの心身に潤いをもたらします。

 

今回から始まったこのコラムでは、恋を忘れた皆さんに、大人の恋の魅力や始め方・続け方についてお伝えしていきたいと思います。

 

●アラフォー・40代は、大人の恋愛適齢期

 

晩婚化が進む最近では、35才を過ぎた頃から「結婚」を意識し始める人が増え始めます。

 

それまで仕事や趣味に精を出していた人も

年齢が進み、出産のタイムリミットが視野に入ってくると、

「やっぱり産みたい。じゃあ早く結婚しないと」

というモードに切り替わる。

 

気づけば合コンの誘いもすっかり無くなっていて、慌てて婚活パーティーに参加したり、結婚相談所に入ったり。します。

実際、最近の結婚相談所の女性のボリュームゾーンは35~39歳。

やはり

「40までにはなんとか」

という意識が働くのですね。

 

逆に40才を過ぎ、子供を産める可能性が低くなると、

「ま、結婚できるならしたいけど、どうなることやら・・・」

と、それまでの勢いがすっかり落ち着いて、静観モードに入る人が増加します。

 

やはり出産は、結婚するための強力なモチベーション。

それが無くなれば、一人は寂しいけど、結婚という形への執着は薄れてきます。

 

so_koi_20160715_1

 

また、アラフォー・40代まで独身で過ごしてくると、毎日の生活・環境は、すっかり自分好みに染まっています。

 

自分の周りにあるモノ・コトは、すべて自分好みにカスタマイズされ

ライフスタイルはどんどん心地よくなっていきます。

 

そこまで出来上がってくると

「このライフスタイルは崩したくない」

という気分になるのも当然のこと。

 

「結婚するなら、この生活はキープしたまま、快適さがプラスされる相手がいい」

なんて言ってみたりするものの、

それをかなえるほどの財力・余裕のある相手はなかなかいません。

 

ということで私たち世代はますます、結婚したいという気持ちは薄くなっていきます。

 

でも

「なんとしてでも、結婚しないと」

という強迫観念から解放されて自由になると、ある部分では気持ちが楽になり

「結婚はともかく恋愛したい」

というスイッチが入り始めます。

 

結婚という目標に向かって、詰め将棋のように進んでいくつきあいではなく

毎日を心地よく、気分よく過ごすエッセンスとしての大人の恋愛。

婚活に必死になるより、よっぽどピュアな気分で恋愛ができる年代。

つまり、40代は大人の恋愛適齢期です。

 

自分らしいライフスタイルはそのままで、恋愛を楽しむ。

そんな私たち好みの大人の恋愛、はじめてみませんか?