みなさん、こんにちは。

川崎で温熱美容サロンをしています七美こず衣です。

 

最近、よくウェブのコラムなどに登場してくる「劣化」という言葉・・・ あれって何でしょう?

私にはどうも引っかかる言葉です。 嫌な気分になります。


先日もある女優さんを名指しで、「劣化」「劣化」と表現しているコラムがありました。

え~~~しかも、それを書いてる記者って女性ではないですか!!??


まだまだ美しい、いや年齢を重ねるたびに美しさが増してくるような女優さんを「劣化してきた」と言うのだから、その記者はおそらく 20 代か 30 代なのでしょう。

しかし、同じ女性が女性に対して、そんな風に茶化した文章を書くのに驚いてしまいました。


そこで、「劣化」という言葉がなぜ出来たのかを調べてみました(笑)


コラムニストの辛酸なめ子さんの言葉を引用させていただくと、
「きっかけは、アニメの“永遠に年を取らない美少女キャラ”が流行ったことでしょう。二次元キャラクターに見慣れたオタク男性 が、生身の女性の変化を受け入れられず、『劣化』といい始めた。5~6 年前ぐらいのことです。さらに最近は、ネットのまとめサ イトでは女優などの映像のキャプチャー写真を出して、過去と現在を比較して『劣化だ!』と指摘するブームまで起きています」


ふむふむ、「劣化」とはオタクの世界から生まれた言葉だったのですね。

出来れば、そのオタクの世界だけに留まっていて欲しい言葉です。

 

わたしたち世代の、正真正銘の大人の年齢になったら、そんな言葉は使いたくない。
もちろん、若い時の自分のお肌って言ったら、みずみずしくって、空気さえも跳ね返すような弾力 とハリがあった。 今のワタシには、それはない。 しかし、それが何だと言うのだ(笑)

 

so_nanami_20160830_1

 

「劣化」という言葉に反して(もちろん反対語ではないのですが)、「品格」という言葉がふと頭に浮かびました。


この歳になると肌の弾むような「みずみずしさ」はなくなったけれど、代わりに「品格」というか、大人としての落ち着いた品のある「気持ちというドレス」をいつまでも、纏っていたいと思うのです・・・ それは年齢を重ねるほどに思いが強くなります。


あのタイタニックの映画の老婦人のように、いつまでも真っ赤なペディキュアもしていたい。

大ぶりの宝石も身につけても、とってつけたようには見えない自然さを醸し出したい。


日本も欧米諸国のように、「大人にこそ美学」だという認識が少しでも広まればいなと思ったりします。


それにはやっぱり大人の私達が、娘世代の若い子のメイクやファッションの真似をするのではな く、大人としての美しい品格、風格を身につけなければならないのではないかと、思ったりするのです。

 

【あわせてチェック】

こず衣姐さんのゆるっとシングルライフ ~ 七美流「化粧品売り場で教えてくれないメイク術」

こず衣姐さんのゆるっとシングルライフ ~ 50歳からサロンを始めた私の話

 

七美 こず衣 さん jm_20141220_nanami

1958年11月生まれ。蠍座、O型.動物占いペガサス。

約20年間の普通の専業主婦から50歳を機に「自由が丘フェアリー」サロン(2009年7月)開業。

モデル・女優・タレントらが通う人気サロンへ。

2011年、日本全国のエステの中から選ばれるエバービューティーグランプリで「優秀部門賞ベストホワイトニング賞」受賞。

2014年秋~自由が丘店舗から移転、川崎幸区で自宅サロン&スクールで活動中。

美容や健康、セレブ雑貨などのマルシェ・イベント「オトナの文化祭」も定期的に開催。

<メディア>

NHK特番スペシャルゲスト

フジテレビ「スタ☆メン”阿川佐和子と爆笑問題が斬る生放送情報番組」

FM世田谷「あっ!とおどろく放送局」

美STORY、美容業専門誌など。

2014年、世界のファッションブランドGapジャパン「なぜか愛される31人の女性経営者・夢をかなえた魔法の言葉」掲載 資格「岩倉流お顔ほぐし」プロ養成科協会認定ほぐしスト、ハーブボールヘッドスパ等

 

●七美さんのブログ

50歳からの最高の人生の見つけ方