名前はよく聞くけれど、どんな仕事なのかがいまひとつわからないFP(ファイナンシャルプランナー)。
お金の相談に乗ってくれるとはいうけれど、何をどうやって相談すればいいかがわからない人も多いと思います。
今回はFPに関する素朴な質問を、札幌でたくさんのお金の相談に応じられているMクリニック代表 小川 和哉さんにいろいろと聞いてみました。


-FP専業の会社や保険外交員がFP資格を持っているケースなど、FPにはいろいろな種類があるように思いますが、具体的にはどんな風に分けられるのでしょうか?

「FPとはFinancial Planner(ファイナンシャルプランナー)の略称ですが、一言で言うと、お金のこと全般に知識があり、その知識を中立な立場から「顧客の利益を最大限 に実施」(日本FP協会 会員倫理規定 第1条)するためにアドバイスをするための資格の名称です。

現在、FPには主に「企業系FP」と「独立系FP」という大きく2つのグループがあります。

主に、「企業系FP」は金融機関に所属している有資格者で、無料で相談に乗ってくれる代わりに自社の商品やサービスを提供するのが特徴です。

一方「独立系FP」はどこにも所属をしていない有資格者のことで、特定の商品やサービスを提供しない代わりに相談料がかかるのが特徴です」


-FPをされている方は必ず資格を持っているのでしょうか?

「FPと名乗るだけでしたら特別資格を取る必要はありません。
資格がなくても「私はファイナンシャルプランナーです」と言うことはできますし、業務を行うことも可能です。
ただし、○級ファイナンシャルプランニング技能士とか、AFP・CFPと名乗る場合はそれぞれの資格を取得しなければなりません」

 ※FPの資格は「FP技能士(3・2・1級)」「AFP」「CFP」に区分される。
  FP技能士は職業能力開発促進法に基づく国際規格。
  AFP・CFPはNPO法人日本FP協会が主催する民間資格。
  一般的に「2級FP技能士」と「AFP」、「1級FP技能士」と「CFP」が
  それぞれ同等の知識を持っているとされる。



-FPは、どんな種類の相談に乗ってくれますか?投資についても相談に乗ってもらえますか?

「FPは、基本的にはお金のことなら何でも相談に乗ってくれます。
強いて挙げるとすれば、以下の6つの項目に分けることができます」

 1 ライフプランニングと資金計画 : 人生設計や社会保険・公的年金など
 2 リスク管理 : 生命保険や損害保険など
 3 金融資産運用 : リスクゼロの運用からハイリスクハイリターンの運用など
 4 タックスプランニング : 所得税・住民税や確定申告などの各種税金のことなど
 5 不動産 : マイホームに係ること全般や、不動産投資についてなど
 6 相続・事業承継 : 贈与・相続・事業承継といった資金移動全般についてなど


-最近では複数の保険商品を公平に取り扱いつつ相談に乗ってくれる窓口も増えていますが、そういったものとFPのサービスは、どんな点が違いますか?

「最近では、保険商品を販売される方でもFP資格を持っていない方のほうが珍しくなっていますが、同じFP資格者が行うサービスでも、複数の保険商品を公平に取り扱うところのサービス内容と、FPのサービス内容は全く別物だと思ってください。

複数の保険商品を公平に扱うところは、あくまでも選択肢は「保険」です。
ケガや病気に対する備えも「保険」、資産形成や運用も「保険」、資金移動も「保険」と、全て保険商品での選択となります。

一方、FPサービスの場合、ケガや病気に対する備えは「貯金・保険等」、資産形成や運用は「貯金・保険・投資信託・株・FX等」、資金移動は「国の贈与制度・保険等」と、選択肢の幅の種類が異なります」


-FPによって、扱う相談の種類は違いますか?

「企業系FPの場合は、基本的には自社の取扱の範囲での相談を受け付けます。
独立系FPの場合は、それまでの経歴によって多少の得意・不得意はあるかもしれませんが、前述のジャンルで扱えないご相談はありません」


-相談をさせていただいた場合、具体的には何をしてもらえるのですか?

「まずは、問題を解決することができるようなアドバイスをしてもらうことができます。
アドバイスのみで終わってもいいですし、そのアドバイスの実行を依頼することもできます。
アドバイスの実行の場合、直接色々な手続きをしてもらったり、業務範囲外のものは各種専門家や企業を紹介してもらって遂行していきます」


-サービスを受けるのは一回のみですか、それとも継続していくものでしょうか?

「できれば継続してサービスを受けることをおススメします。
一度しっかりとサポートを受けたとしても、その内容がその後もずっと適しているとは限りません。
法律や商品は改定されることが多くあります。
1年に1回くらいは、時代の流れとかけ離れていないか確認してみると良いでしょう」


-利用する場合、どのくらいの費用がかかりますか? 最初の相談は無料でしょうか?

「相談先によって費用は全く異なります。
多くの場合、初回相談は無料となっています。
その後は1回につきいくらとか、年間いくらとか決まっているところがほとんどです」


-相談をする場合、どこまでの資産情報を開示しなければいけないのでしょうか?
個人情報には配慮してもらえるのでしょうか?


「開示は細かければ細かいほど助かります。
全体のバランスを見ながら商品選択や金額の設定をしていきますので、実際の資産状況と開示された資産状況の差が少ないほど良い結果につながります。
ただ、必ずしも全てを開示しなければダメというわけではありません。

また、個人情報については概ね配慮されていると考えて大丈夫だと思います。
ただ、どこまで配慮されているかは、事業所毎に規定が異なりますので気になる場合は事前にどのような管理体制をとっているのか確認されたほうが無難です」


-どんな人が、どんなきっかけで相談にきますか?

「主に、就職・結婚・出産・退職などの人生のイベントをきっかけにご相談に来られる方が多いです。
また、保険の更新・マイホームの取得・相続の発生など、家計の負担や大きなお金が関わるときのご相談も多いです」


-利用した方の感想は?

「ご利用いただくことで「得をした」と感じていただくのは当たり前ですが、「整理ができた」「スッキリした」「今後に希望が持てるようになった」といったご感想をいただくことも多いです」


-FPを利用するメリットは、どんな所にありますか?

「FPは常に関係各所から情報収集を行っています。
そこには、一般の方が普段の生活の中では入手できない情報なども含まれます。
中にはお客様に開示できないものもありますが、FPのサービスを利用することで、間接的にそれらの情報を活用することができます」


-利用する場合に気を付けるポイントや、かしこくサービスを利用するためのコツはありますか?

「FPのサービスは人生のあらゆる場面でお客様に提供されるものです。
長く付き合うからこそ、相談しやすいとか、話していて安心できるなど、自分と波長の合うFPを見つけることがポイントです。

FPにどんなサービスを期待するかで探し方も変わります。
商品やサービスの提供のみが希望の場合、その商品やサービスを提供している企業のFPの中から選ぶと良いでしょう。
そもそもの選択肢からサポートを希望の場合、独立しているFPの中から選ぶと良いでしょう。

また、FP相談は、資格の有無や難易度と、提供されるサービスの内容は比例しません。
資格がなくても豊富な知識と経験から素晴らしいサービスを提供してくれるところもあれば、難易度の高い資格を持っていても実務経験に乏しく理論的なサービスしか提供できないところもあります。
かといって、経験年数が長ければ良いというわけでもありません。
あくまでも現場経験の豊富さが提供されるサービスに比例します。
ですので、利用する際には見た目や保有資格だけで相談相手を選ばず、自分との波長も含めて総合的に安心できるFPを探すのがポイントです」


第一線でお仕事をされているFPの方のコメント、参考になります。

不安というのは、何をどうしていいかわからないという“つかみどころの無さ”から生まれることも多く、整理をするとその対処法(自分のやること)がわかり、スッキリしたりします。
特にお金については生活のあらゆる場面に関わり、人生を大きく左右します。
自分らしく満たされた人生を歩むために、FPの力を借りてみるというのは有効なのではないでしょうか?

 

小川 和哉 さん
1999年 室蘭栄高校 理数科卒業
2003年 釧路公立大学 経済学部経済学科卒業

大学卒業後、金融機関に入社し7年間外交員として貯金・保険・資産運用などのアドバイスをする。
FP資格取得を機に、会社に所属していては中立公平なアドバイスができないことに違和感を感じ、独立を決意。

2011年1月 FP事務所 Mクリニックを設立

◆Mクリニック ホームページ