●大前提は、「どんな人生を送りたいのか」

 

先にも書きましたが、これから先は結婚しない大人女性が増えていく時代です。

これまでのような「結婚している女性が大多数」というものとは、ちょっと違う時代の雰囲気が漂ってくるはず。

参考となる先輩方が少ない分、自分のこの先をどう考えればいいのか、迷いは尽きません。

 

が、逆に考えると、「自分がシアワセになる生き方は、自分が決めることができる」ということ。

まさに、「自分らしく」生きてしまえばいいのです。

自由と迷いはセットだと割り切って、迷うことも人生のエッセンスだと前向きにとらえましょう。

 

その生き方によって、今回挙げたような7つのハードルもその見え方が変わってきます。

それらハードルは、自分らしい飛び方で超えていけばいいわけです。

 

この先の自分らしい人生を、ワクワクしながら切り開いていくお手伝いを、doppoができればと思います。

皆さんの今年、そして未来に幸あれ!

 

 

島田 佳奈 さん tk_20150110_shimada

 

1969年4月3日生まれ。B型。東京都足立区出身。
跡見学園大学短期大学部(生活芸術科)中退。

 

2005年よりフリーライター活動開始。
2006年作家デビュー。
デビュー作は『ラブ★キャッチャー』(ケータイ小説)。
2007年初出版。
処女作『人のオトコを奪る方法』(大和書房刊)はその後ロングセラーに。

 

手掛けるジャンルは、恋愛・性・女性の生き方など。
執筆にとどまらず、メディアやイベント出演等幅広く活動中。

 

著書

『腐らず、枯れず、咲き誇れ! アラフォー独女の生きる道』