「迷い」を力に変えるポイントは

 

tk_20161115_3先が読みにくい状況、かつ人生の選択肢が広がる中、この先自分がどうしていくべきかという「迷い」はより深まりやすくなります。

そんな中、「迷い」を力に変えるポイントは・・・

 

まず大前提として、

 

「迷うことは呼吸と同じくらい、あたりまえの現象である」

 

と位置付けてしまうこと。

迷っている自分を「よくない状態にある」と考えるのではなく、次へと踏み出すための準備の段階であると考えることが第一歩です。

 

そして他人との比較、条件の比較よりもまず先に、

 

「自分の本音はどうしたいのか」

 

を、自分とじっくり向き合って見つけること。

 

さらに、

 

「この道が絶対に正解かどうかなんて、進んでみなくちゃわからない」

 

と考え、まず動いていくこと。

 

動いたことで「しまった」と思うこともあるかもしれません。でもそれが、次のステップへの学びにつながります。

そんなひとつひとつの小さな取り組みがやがて、自分らしく満足感のある人生を形作っていくはずです。

 

 

朝生容子さん

tk_20161115_asou

 

オフィス キャリーノ代表

キャリアカウンセラー

慶応義塾大学卒業後、日本電信電話株式会社(現NTT東日本)入社。
人材育成やマーケティング、経営企画等に従事。その後、社会人向け教育機関(株)グロービスに転職。
企業研修部門において営業、マーケティングを担当。2012年にキャリアコンサルタント・研修講師として独立。
現在は主に社会人を対象に、年間200名以上の仕事上の相談に対応。
女性の生き方などをテーマにした執筆にも活動範囲を広げている。
2001年英国レスター大MBA卒業。

 

ホームページ

オフィス キャリーノ

 

 

[あわせてチェック]

「老後のお金、心配です」不安に負けないマネー術、はじめの一歩

40代独身「マンションを買う」という選択

自分らしく生きるために 40代独身 これからの働き方