最近、男性との新たな出会い、ありますか?
30才を過ぎてから出会いのきっかけが激減した、というのはよく聞く話。

合コンの誘いも無いし、友達が連れてくるのは既婚者ばかり・・・

と、嘆いている人もいる反面、しっかりと出会いのチャンスをつかんで(つくって?)恋人のいる生活を送っている人も存在します。

この違いは何なのか?
いったいどこに出会いがあるのか?

今回は、恋人のいる30代・40代女性1,700人へのアンケート調査を踏まえ、大人の出会いのきっかけについて考えてみたいと思います。

 

 

やっぱり多い、職場での出会い

tk_20170515_1

まず皆さんに聞いたのが、「今の恋人とはどこで、お互いが何才の時に知り合いましたか」という質問。
やはり自然な出会いの代表格、職場での出会いが一番多いという結果となりました。

・自分37歳。 相手35歳。 職場 (42才)
・35才の時、32才の相手と職場で知り合った (47才)
・自分34歳 彼29歳、知り合いの仕事の手伝いで。 (34才)
・自分45歳、相手52才、 職場 (48才)
・自分34歳  相手30歳  勤め先で相手はお客様 (45才)
・46才、相手45才、同じ会社 (49才)


意外だったのは、「インターネットで出会った」という意見が次に多かったこと。

最近では多種多様な婚活サイトや、facebookと連携したアプリも次々と生まれていますが、これらのサービスを使うことへの抵抗が薄れているのだと思います。

大人にとって、ネットでの出会いは案外“アリ”なようです。

 

・自分・39歳 相手・42歳 ネットで知り合った (41才)
・自分が42歳、相手が43歳 インターネットで知り合い、近くのスターバックスで初めて会った (43才)
・39歳同士 ネットコミュニティ (45才)
・自分=39 相手=30、場所=ネットのSNS (39才)
・33歳の時に47歳の相手 相談チャット部屋 (39才)


リアルの場で多くいただいたのが、バーや居酒屋といったお酒の席で出会ったというコメント。
お酒が好きというだけで仲良くなりやすいからでしょうか。お互い常連さん同士で、何度か顔を合わせるうちに一緒に飲むようになって・・・なんていうパターン?

・36 乗り過ごした電車の駅で → 酔っぱらっていて、気付いたらバーで目の前で飲んでいました・・ (36才)

危険と隣り合わせの出会いですね。。。

また、ライブやフェスの会場で出会ったという人も結構いらっしゃいました。
同じリズムに乗っているうちに、気持ちまで共鳴してくるのでしょうか。一種のつり橋効果?

定番ではありますが、趣味が同じだと親密になりやすい傾向もある様子。

・私31歳、彼24歳。オンラインゲームで出会った。 (32才)
・33と40 ゴルフ場 (47才)
・44歳と45歳 野球観戦で (49才)
・彼43歳 私45歳 スポーツクラブ (48才)
・私は36歳、相手は33歳、地元の吹奏楽団で (42才)
・30歳 猫カフェ (30才)


猫カフェやうさぎカフェなど、動物と触れ合ううちに相手とも仲良くなって・・・今日からでもトライできそうな出会いづくりです。
最悪お目当ての男性がいなければ、動物たちとの時間を楽しめばいいわけなので、“逃げ口”もあってイイですね。

「こんなこと本当にあるの?」「まるでドラマみたいな・・・」という例はコチラ。

・35才 旅行先(ローマ) (45才)
・34才同士、クラス会 (44才)
・34歳の時シドニーのレストランで (37才)
・自分33歳、相手30歳、ハンガリー (34才)
・自分45、相手47、出会いは子供の習い事の飲み会 (45才)
・自分44 相手45大学院の図書館 (44才)
・自分36歳 相手38歳 北京
・31歳、国際線の飛行機の中 (44才)
・37歳のとき、相手は50歳。映画館で出会った (40才)
・私(30才の時)、相手(42才)、場所は県立美術館でした。 (49才)


それにしても、この海外での出会い比率の高さはいったい何なのでしょうか?
旅行は気持ちのいろいろな部分をオープンにしてくれるようです。