激しい暑さが通り過ぎて、いよいよ秋が近づくこの時期。ファッションを楽しみたい気持ちが湧いてきますね。
が、オシャレを楽しみたい気持ちと一緒に、大人女性ならではのいろいろなお悩みが・・・
「最近太ってきたし・・・」
「もうちょっと小顔になりたいんだけど・・・」
そんなアラフォーの皆さんの「そこをなんとかしたい!」ポイントを、ファッションで何とかするテクニックをまとめました。
教えてくれるのは、アラフォー女性の服のお悩みに答え、数多くのファッションアドバイスをしている国際イメージコンサルタントの山木 由美子さんです。
すぐに使える“なんとかなるテクニック”の数々、どうぞご覧ください。


●「少しでも小顔に見せたいんですが・・・」

夏に比べて服のボリュームが出てくるこれからの季節は、多少は顔の大きさが気にならなくなるとはいえ、やっぱり憧れてしまう“小顔”。
小顔効果が出る服の着こなしはないものか、聞いてみました。

「まず、タートルネックなどのように首が詰まった洋服は避けましょう。顔が大きく見えます。
首を隠すように巻くストールやチョーカー、首元にゴロゴロと大き目の飾りがついたネックレスも、首が詰まり、顔も大きく見えてしまいます。

Vネックや肩が広く開いた襟元は、すっきり小顔に見えてお勧めです。
また対比を利用して、襟が大き目の服を選ぶのもいいですね。(ただし、大きすぎるとアンバランスになるので注意)

また顔の大きさに比べて肩幅が狭いか、身体が華奢な場合、黒などの収縮色を選ぶとより顔が大きく見えてしまうため、柄ものや明るい色の服を着ましょう。
またボートネックやパフスリーブで肩幅を広めに見せれば、小顔効果も狙えます」 ●「このいかり肩、なんとかしたいんですが・・・」

いくらダイエットをがんばっても、いかり肩は直しようがない!
この肩のせいで、頼れるアニキ的なイメージになってしまう。
多少は華奢な印象に憧れる大人女性の悩みに答える着こなしは?

「オフタートルやカシュクールなど、首周りから肩にかけてドレープが寄るタイプを着ると、いかり肩が目立ちにくくなります。
Vネックやシャツ、ラグランやドルマンスリーブなどもお勧めです。
腕が太過ぎなければ、ホルターネックやアメリカンスリーブも良いでしょう」