チョムリアップ・スオ!(クメール語で「こんにちは」)

いよいよこのコラムも最終回になりました(^^)/
最後に、私からサイトをご覧の皆様へ
今感じていることをメッセージとして
伝えたいと思います。

 


●「違い」との付き合い方

 

移住前、すでにカンボジアに住んでいる日本人の方にお話を聞きに行きました。
生活のこと、文化のこと、苦労したこと…。


すると誰もが最後には「その国の価値観や文化を尊重することが大切」とおっしゃいました。
しかし当時の私はまだ「尊重する」という言葉が具体的にどのようなことを示すのか、
どう捉えていけばいいのか、どのような行動に移せばいいのかわかっていませんでした。

 

今、こちらに来てみて感じていること。正直、驚きがいっぱいの毎日です。
例えば時間について。こんな風に考えるんだ。なぜ????
疑問がいっぱいです。


きっと「理由となる背景」はあるのでしょうが、
どう相手の立場になって考えても、理解できないことがあります。


そのような時、まだまだ未熟な私はどうしたらいいかわからなくなります。
尊重とは、納得できなくてもそのまま受け入れて自分の意識や行動を合わせていくことなのか。

この「頭の中のグルグル」はまだまだ続いていますが、
今時点で思うことは、まずは違いを整理し、人によるものなのかを探ってみる
(むやみやたらにこの国だからと否定するのもおかしいので)。


もしそれが国民性だと認識できるものであれば、「この国ではこれが常識なのだ」と理解する。
そして自分がどこに・なぜ違和感を感じているのかをはっきりさせる。
相手の立場になってみて本当に理解できないものなのか、イメージしながら確認する。
それでも自分が受け入れられないのであれば、素直にその違和感をわかりやすく、理由を含めて相談してみる。より良さそうな提案があれば伝えてみる…。

このことを実践してみたいと思っています。


自分が生まれ育った国の外で生きていくということ、自分のストレス、更に自分が貢献できること、これらを考慮した自分なりの結論です。

どうしても譲れない部分は除いて、そうでない「違い」については
まずは楽しむ意識でいろいろ試してみたいと思います。
様々な価値観を知りたいという理由もあって海外に来ているので♪

人でも国でもきっと同じですね。


誰かと一緒にいたら、自分と異なることがでてくる。
そのときに自分は相手と自分の心とどう向き合うか。
時には二人が歩み寄り、時にはどちらかが歩み寄る、すべきことを少しだけ頭で考えるとより良い関係が築けるような気がします^^

 


●旅で変わる

 

旅で人生が変わるかわかりませんが、
旅は、考え方や生活を変えるきっかけになると思っています。
私自身、学生時代にタイへ行き、貧富の差を目の当たりにして
「いつか東南アジアに還元できる仕事をしたい」と思うようになりました。

 

また、最近私のスパに入ってくれた日本人スタッフは、カンボジアに観光で来てからカンボジアが好きになり、
先月から本格移住をしはじめました。一度の旅行が彼女の生活を変えました!

 

私は多くの場合、選択肢は多いほうが良いと思っています。
人それぞれ性格や思考が異なるので、選択肢をみて一番ぴったりなものを選べたら最高ではないでしょうか。
それでなくても「選ぶ」作業って贅沢だなと思うので、好きです(笑)。


旅は、私の生活するところ、生きる場所の選択肢を増やしてくれました。
観光としてだけではなく、いつか住むかもしれない場所として見ることができたら、旅がもっと楽しくなるかもしれませんね♪

 


●カンボジアのこと

 

この連載を通じて、少しでもカンボジアに興味を持っていただけたら嬉しいです。


これは実際に何回かあったことですが、
友人にカンボジアに行くと話すと、数分後には「ベトナム」と間違えられました(泣笑)
もしかしたらまだ、国としては知名度が低いかもしれません。

 

しかし、アンコールワットという素晴らしい世界遺産もありますし、人も自然も素敵です。
特にシェムリアップは、のんびりの中にも成長している空気を感じます。
私のスパは自然の中にあり、目の前の道路を牛や鳥の大群が歩いていることもあります。


しかし、一方で土地の値段は急激に上がっています。まさに発展途上の真っ只中という感じ。
都市のプノンペン、アンコールワットがある観光の町シェムリアップ、海のシアヌークビルなどいろんな顔があります。
ぜひカンボジアへ遊びに来てください!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
とても嬉しいです。

カンボジアにいらっしゃったときはぜひお声掛けください。
そしてもしよろしければスパにもお越しくださいませ。^
一緒にアンコールビールで乾杯しましょう!!

 

《このコラムの前の回を読む

 

速水 亮子 さん ht_hayami

大学卒業後、株式会社船井総合研究所入社。
経営コンサルタントとして飲食や温浴施設のプロジェクトに携わる。
その後楽天株式会社入社。トラベル事業でリスティング、アフィリエイトを担当。
夫婦で起業したいと考えAKO株式会社を設立、現在に至る。

 

ホームページ

プレア・ガーデン