●「ひとり妄想旅行」のはじめかた

 

まず用意するのは、紙とペン。
PCやスマホのメモ帳でもOK。

まずは心をからっぽに。
そして、時間やお金のことは何も考えず、自分が生きている間に1度は行ってみたいところ、体験してみたいことを、思いつくまま全部リストアップしてみましょう。

例えば・・・

 

・ 砂漠でラクダに乗る
・ 美術館でフェルメールの作品を観る
・ 自然の中でヨガをする
・ 京都で友禅染めを体験

 

などなど。

 

目的地に行くまでのこと、着いたときにすること、起こってほしい(?)ちょっとしたアクシデント、食べたい物、見たい物、出会いたい人・・・どこまでも、想いにまかせて書いていきましょう。
きっと書いているだけで、楽しくなってくるはずです。

こうやって書き出していくと、、自分の心の中にいままで隠れていた願い事たちが目に見える形(ウィッシュリスト)になっていきます。

 

妄想旅行から戻ってきたら、そのウィッシュリストを眺めてみましょう。
リストの中に、「あ、これなら私ひとりでも行けそう」とピンときた項目がもしあったら要チェック。


ひとりで実現できそうなプランはなかなかないなと感じたら、今度はひとり旅するとしたら、というシチュエーションを頭に入れながらリストを増やしてみましょう。
行き先がはっきりしなくてもいいんです。

・ ぼんやりしたい
・ 風を感じたい
・ 綺麗な空気を吸いたい
・ 日本の文化に触れたい

こんなアバウトな願いもどんどん入れていきましょう。遠慮はいりません。


●ウィッシュリストから、旅のテーマを決めよう!

 

自分の心の声がひととおりそろったら、ウィッシュリストの中でチェックしたものを中心に、記念すべきはじめてのひとり旅で実現したいことを決めてみましょう。

特にひとり旅が心配なあなたは、

1. 気楽に
2. 身軽に
3. 安全に

過ごせるような旅のテーマを設定することをオススメ。


季節はできれば、昼の時間が長い春から夏にかけて、旅程は2泊3日くらいまでの日数がいいでしょう。
明るい時間がたくさんある方が安心してひとりで行動しやすいですし、気温が暖かい方が薄着になる分、荷物の量が少なくてすみます。

 

旅行に行く時によくあるのは、まず行き先を決めて、その場所で何ができるかを考えるパターン。
でも、せっかく自分が思うがままの旅ができる女ひとり旅ですから、行きたい事ややりたいことを決めて、それができる場所を探していく方が旅のプランニングの幅も広がって、ぐっと楽しみが増えますよ。
たとえば・・・

 

(ケース1)
エステでリラックスしたい + 海を観たい
⇒海を眺めながらエステでリラックスする旅

 

(ケース2)
美味しい生ハムを食べたい + 食材作りを体験したい
⇒美味しい生ハム作りを体験する旅

 

こんな風にテーマを決めてから、行き先を選んでいくのです。
自分がしたいことができる旅、楽しくなりますね。


●あなたのひとり旅計画を応援してもらおう!

 

せっかく考えたあなたのひとり旅計画。
でも計画しただけの段階だと、知り合いの人と自分の想いを共有するのは、なんか照れちゃうし、ちょっとためらいますよね。
そういう時に使える、Wishnoteという一押しのサイトがあります。
その名のとおり、あなたの夢の実行を後押ししてくれるサービスです。

 

このサイトのメンバーは、自分の夢の内容を登録し、夢のスケジュールを立てることができます。
夢をカテゴリに分けることができ、もちろん、旅カテゴリもあります。

希望する場合は自分の夢プランを公開できるので、有言実行タイプのあなたは、ぜひ公開を選んでみて!
公開バージョンのあなたひとり旅計画に、拍手や応援してくれる人が現れるかも。
そうなったらますます、ひとり旅を実現することの楽しさに磨きがかかります。

 

不言実行タイプのあなたも大丈夫、非公開のままでもOKです。
頭の中の自分のプランをまとめて段取りを進めるためにも、とても役立つサイトです。


●旅の日程確保は有給休暇で!

 

週末や三連休に旅の予定を設定することは簡単。
でも、せっかくの女ひとり旅。どうせなら、「有給休暇」を使って旅をしませんか?

「有給休暇」を上手に使えば、混雑する週末や連休を避ける日程を組むことができます。
平日は家族連れやカップルの姿を目にすることが格段に少なくなるので、人目を気にせず行動できます。


また、週末より平日の宿泊の方が旅の予算を抑えられるというオトクな面もあります。
あまった予算で行き先を増やしたり、お土産を買ったりできますね。

そして、旅の予定が決まったら、すぐに手帳に書き込みましょう。
旅のプランニングを楽しんだら、旅に出るまでの時間も楽しみに変わります。
ちょっと嫌なことがあっても、「○日からは、ひとり旅だから」と思えば励みになるはずです。


●ひとり旅の予算は計画的に!

 

旅行にまつわるウィッシュリストを作ってみて、自由に計画することの楽しさを少しでも感じていただけたら嬉しく思います。

ただ中には、行きたい場所がたくさんありすぎて予算が!という現実に気付いた人もいるのでは。
そんなあなたは、旅行目的の積立貯金を始めるよい機会かもしれません。

 

実は、通常の銀行の積立預金よりも金利のお得な積立方法を提供してくれる旅行会社もあったりします。
不確かで宛もなく、誰と行くかもわからない“いつか”の旅のために、旅行資金を貯めようというモチベーションはなかなか高まらないもの。
でも自分ひとりで行く旅なら、あなた次第で必ず実行に移せるので、旅行のためにお金を貯めておいても、損はありませんよ。

 

このコラムの次の回を読む》

《このコラムの前の回を読む